Home > スポンサー広告 > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/695-535e01ab
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Larme de Crocodile

Home > スポンサー広告 > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1

Home > 戦国BASARA行事レポ > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1

バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1

いってきました、バサラ祭2010春の陣。例によって一人で。

mobile 680 mobile 679

会場のボード等身大?ボードなんですが光ってうまくとれなかった (´・ω・`)

去年の春の陣も5/2だったんですよね。
清志郎が亡くなった日でもあったり、その頃の私といえばアニメのおかげで戦国BASARAにはまって
「私、多分、筆頭に恋患ってる!!」
と自覚して戦国BASARA2をヨドバシで買いながら
「あー、今頃、厚生年金会館はすげえ楽しいことになってるんだろうな」
そんなことをぼさっと考えてた日。
1年たってまさか、私もこのイベントに参加できる日が来るとは…と思うと非常に感慨深いイベントでありました。

と、小生の成り染めや懐古などどうでもいいんですがね。

先般のBASARA FES 蒼の陣の時にグッズが完売しすぎて痛い目にあったので、
やっぱりイベントは昼から攻めるしかねえ!!と学習したはずなのに…湯のみが完売してていきなり心が折れた。
湯のみはね、アレは…みんなほしいよ?
今度からチケ代プラス1000円にして湯のみ付にした方がいいと思います。
はあ…というわけで物販は今回はパンフのみゲットです。

どうやらリハが押していたようで、昼の部は開演は14:00からだったのに15~20分くらい遅れたかな?
夜の部は開演時間ジャストちょいでした。

会場でのお約束アナウンスは音声のみ。先般のFESがやりすぎなんだと思います。笑
まだ豊臣軍に士官していて同僚だった頃の家康くんとみつにゃんというシチュエーションでした。
それにしても、大川さんの声は通るよね。打てば響く。そんな声。
家康くんからの会場での注意にみつにゃん、ここは私がやるといって譲らない。
お約束をやぶったら直ちに隠滅するだの、秀吉様のお姿を撮影した者を惨殺する許可を私に!!だの
おいおい、ラディカルすぎだっつーの。笑
それをまあまあと宥める家康くん。そんなかんじでステージスクリーンには「まもなく開演」の文字が!!

ステージが暗くなると戦国BASARA3の公式サイトを開くと流れるあのテーマとともに
今回のバサラ祭のオープニングとして
右側からは黄色のスポットライトとともに徳川軍を思わせる殺陣ダンサーが登場。
続けてステージ左側からは紫色のスポットライトとともに石田軍を思わせる殺陣ダンサーが登場。
ステージは左が石田軍の本陣、右が徳川軍の本陣というセットでそれぞれちょっとお立ち台みたいになってました。
家康くん役のダンサーの方は帯刀してて、みつにゃん役のダンサーの方と刃を交わしながらダンスというか
これは演武って行った方がいいのかなー。演舞じゃなくて。
おもしろいな、って思ったのは殺陣なんだけど足技が多くて、動きがテコンドーに似てるんです。
ネリチャギみたいな。モブダンサーは合わせて15人くらいいたのかなあー、バク転したり動きも揃っていて綺麗でした。
当たり前のように普通じゃない動きをしてる、そしてすごすぎて、逆に普通にみえてしまう。
なんかそういうのってありますよね。うまくいえないんだけど、あまりにも一糸乱れぬ動きをされると、
実はそんなに大変なことやってんじゃないよね?と勘違いしてしまうような感覚。
絶対そんなことないんだけど。ダンサーってすごいよなあ。

オープニングが終わるとスクリーンには今回出演のキャスト様が担当するキャラクターが映し出され
一人ずつメインになってる台詞(「それがし徳川家康!絆の力で天下を統べる!」みたいなやつ)を読み上げながら登場です。
大川さん→関トモさん→立木さん→大原さん→小力さん(小力さんって…)→小清水さん→森田さん→石野さん→森川さん
の順だったかなー。
森田さんあたりから歓声が盛り上がってきて、石野さんが登場したらもう会場は既にみんなが野郎共状態になってた。笑
そして森川さんの登場で場内の歓声は黄色くなってました。例によって。いやあ…それでこそ!!

で、ここで大川さんの掛け声でバサラ祭2010春の陣はっじまーるよー!!だったと思う。

まずは戦国ドラマ絵巻其の壱のコーナー。
これは…おそらく戦国BASARA3の「戦国ドラマ絵巻」で使われるものを生アフレコで追っかけていく、
そんなかんじなのかな。まだ、断片的にしか明らかになってない部分ですね。
ステージのスクリーンにはそのシーンを思わせる画像が静止画でしか写されてなく、
ものすごくネタバレしてたわけでもないので。
でもキャスト様の演技力で充分すぎる程カバーされてたのでそういうことは (゚ε゚)キニシナイ!!

順番が前後してますが話の内容としては家康くんが天下を目指して、雑賀衆と伊達軍を口説きにいく。
その一方で西軍は大谷刑部が鶴ちゃんの預言者としての能力を高く買っており、
西軍に取り入れようとかんべをこき使うそんな展開だったなー。武田軍と毛利軍は華麗にスルーされてました。エー
それにしても、刑部がかんべに対してスパルタンすぎて笑った。
煽られまくってかんべは言い繕うとするんだけどうっかり鶴ちゃんを田舎娘と呼んで怒らせてしまい、
お嬢ちゃんと言い改めなんとか機嫌をとろうと必死なんだけど、結局嘘をつくのが下手すぎてさらに鶴ちゃんを怒らせて踏んだり蹴ったり。
かんべは…間違いなく戦国BASARA3の愛されキャラだと思います。やる夫みたいな。がんばれ、小生!!

孫市とKGのやりとりもあった。

ノ)シ`・∀・)-3 < あんなところに景気のいいオネーサンが!!

とかなんとか言いながら、孫市に好みの男性のタイプを聞くなど熱烈アプローチをするんだけど、
やっぱり相手にされてない。
いや、相手にされてないんじゃなくて、KGのことを見透かしてるんだよね。
KGはBASARA3では孫市に「惚れた女は守る」だの「アンタについていく!」とかいって俺、恋してるぜ!
なかんじで、春がきてよかったじゃんって思ってたけど、ホントは孫市に恋はしてないようです…よ?
KGが去ったあと、孫市は
「自分の眼を自分で見てみろ、あれが恋する人間の眼か?あれは虚勢。自分を偽り何かから逃げている。」
そんな台詞を喋るんです。

KGは何から逃げているんだろう…
いつも明るくて元気で思いやりがあって他人の幸せばかり願うKGだけど、人には見せたくない憂い。
そんなものを彼から感じ取った。KGって意外と内面描写があからさまになってないんだよね。

こじゅは、プライドを圧し折られ怒りが抑えられなくなってる筆頭を静かに諌める、そんな台詞。
氷のように冷静に。今は竜は眠りにつくべきとき。とかそんな、とても綺麗な言い回しの言葉だった。
こじゅの説得あってなのかなんなのかわかんないけど、家康くんが東軍に勧誘しに来たときの筆頭は

(#●Д゚) < 俺の命令がきけねえのか!!

の筆頭とは打って変わって随分と冷静な様子になってました。
家康くんにみつにゃんのこと許す気はないのか?と問われて、やっぱり根に持ってるところは変わってないようです。
そりゃそうだわ、って思えるのはこのあと約20分後の話。

アニキもずーっと怒ってた。
家族同然の野郎共がボコボコにされそこには徳川の旗が残っていた。って台詞にきこえたんだけど
徳川の旗が「残っていた」…もしかしてアニキはその場にいなかった。ってこと?
アニキ嵌められてるかもしれない?西軍(主に刑部)に。なんかそんなことを邪推してしまったんですが、うーん。
孫市とは古くからの知り合いなのかなー。アニキと孫市は一緒にいると絵になるねえ。男アニキと女アニキってかんじで。
アニキはみつにゃんに俺は西軍に入るぜ!って宣言してました。
お互いに家康くんに怨恨をもつことになってしまった二人は結託しないわけがない、と。
みつにゃんも断ることなくそれを受け入れるが、「これだけは言っておく、家康を倒すのは私だ!」と。

ざっとこんなかんじでしたかねー。ドラマ絵巻だけで30分以上あったなー。
戦国BASARA3ってドラマパートだけでも3h以上あるらしいから、まだまだまだまだなんですよね。ひゃー
ドラマ絵巻のコーナーは其の弐もあるんですが、ちょっとごっちゃになってしまったので
其の弐のパート部分もネタバレしちゃってるかもしれません。

それにしても、未公開の台詞が生アフレコで聴けるなんて…こんな贅沢なことあっていいんだろうか。

因みに昼の部は、アフレコはお遊び要素少なめに真面目に進めていたんですが、
夜の部では、小山さんがかんべに成りきっていてアドリブ満載でした。
刑部に虐げられて「なんでじゃーーーー、なんで小生ばかりがーーー!!!!!」
なんて台詞のところで台本を落としたり、鶴ちゃんとの掛け合いで、小清水さんの衣装に突っ込んでたり。
それに合わせて、立木さんもかんべをいじる時はアドリブ入れてくれてましたよ!!

というわけで続きます。

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/695-535e01ab
Listed below are links to weblogs that reference
バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1 from Larme de Crocodile

Home > 戦国BASARA行事レポ > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その1

P-Clip

P-Clip β版
プロフィール

あわに

Author:あわに


深夜アニメの感想を好き勝手に綴るのが趣味の生まれながらの厄年(42歳)

タグクラウド

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。