Home > スポンサー広告 > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/696-c411d324
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Larme de Crocodile

Home > スポンサー広告 > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2

Home > 戦国BASARA行事レポ > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2

バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2

生アフレコ終了後、ステージ中央から森田さん登場。

ノ)シ`・∀・)ノシ < みんな、恋してるかーい。
会場一同 < イエーーーーーイ

今回の春の陣はなんだろ、男の子結構いたね。全体の1.5割くらいですが。笑
やっぱり新作のゲームのイベントってこともあるし、女性キャスト様、参陣なんて華もあるし。
世間的に戦国BASARAは歴女()に大人気ってことになってます。
んだば、女性ユーザーの方が多いのかと思いきや、実際のところのユーザー層男女比は男子6:女子4なんだとか。
確かに女性の購買層が多いという点では注目すべきではありますが、もっと男の子もくればいいのにね。
歓声に野太い叫び声が上がったりすると、相当、盛り上がると思うんだけどな。
って、以前、行ったことがある客層が男女比半々の声優さんのイベントで実感したことを思い出した。
と、話逸れましが、会場女子という表現を使わずに今回は「会場一同」と表現しておきます。

んなわけで、今回もMCを勤めますのは森田さんです。おーーーー!!!!
生アフレコのあとに、キャスト様一同のご挨拶があったような気がしますが、
トークとごっちゃになってるので、トークショーのところとマージします。

まずは戦国BASARA3最新情報のコーナー!!ドンドンパフパフ!!
やっぱ、ゲームのイベントですからね、BASARA3が楽しみな小生にとってはやっぱ身を乗り出しちゃいますよ。
あ、もちろん前の座席の人に怒られない程度に。

というわけでこばP登場です!!しかも気合い入ってかスーツで登場です!!
で、森田さんに速攻突っ込まれる「あれ?リクルートですか…?」って。笑
こばPご自身もスーツ着て人前に出たの2年半ぶりと仰ってました。
スーツはこばPの戦闘服みたいなもんで今回はいつも以上に本気モードなようです。
BASARA3の発表をした時には既に今回のイベントを企画していて、
もうずーっとずーっとこの日が来るのを楽しみにしてたんだそうです、この会場の誰よりも!!ビシイッ!!! っと。
昼の部、夜の部では、森田さん、小山さん、大原さん、小清水さんについては衣装替えもあり、
こばPの場合はどちらもスーツで昼は黄色のネクタイ、夜は紫色のネクタイで家康くんとみつにゃんを意識した
コーディネイトにしたそうですよ。実に細かくて気づかなかった。笑

さて、お楽しみの最新情報ですが、どっちが先だったか忘れましたが、
西川さんからのゲームとイベントへの応援コメント映像と「戦国BASARA3オープニングムービー」の紹介。
西川さんは現在、池袋にて舞台の公演中で今回はおみえになれなくて残念。
こばPとはお互いの夢について熱く語りあって、
そしてそれを二人で実現させて行きたい!!なんてめっちゃ熱いコメントでした^^

mobile 676 うっかりタカノリからうっかりお花も!!

OPはやっぱ改めて見てすごくかっこいい。そして、Nakedarmsは何度聴いてもテンションあがる!!
映像のスピート加速させて、いきなりスローモーションみたいな
そういう技法とカメラワークに凝ってます、水平垂直360度よく回転しますよ!
そんな様子は第一印象の時と変わらないので、ご参考までに戦国BASARA FES2010蒼の陣レポート その4
そんなわけで今回は、FESの時に見落としていた部分や勘違いしてたところに注目してみました。

背景がどっからみてもここ日本じゃないよね、地球外。だって太陽のプロミネンスまでみえんだよ?
光のとり方や色彩が独特なのは、地球外。もしや、爆発したと専らの噂のこりん星?はたまた

199X年 人類は核の炎に包まれた しかし人類は死に絶えてはいなかった!(CV・銀河万丈)

的な北斗の拳の冒頭のシーン…。なんでもいいや、野暮はなしだぜ。

そんな焼け野原をみつにゃんがぼっちで歩いていて後ろから襲い掛かる騎馬兵二体をスパーンと居合い。
画面はこの瞬間スローになり、カメラは不敵に微笑むみつにゃんの唇に照準を合わせるんですが、
みつにゃん、薄くてイイ!!そして、ほのかに桜色なのですごく…いいと思います。(…)
この口元を写すシーンは家康くんとの一騎打ちのところでと思ってたらおもくそ間違ってました><

家康くんが忠勝の背に乗って爆走してるところは変わらずなのですが、
時折混ざる、雲を駆け抜ける映像や空から地面を見下ろすような映像のスピード感は
プレイヤー側に自分も忠勝の背に乗ってる??
と錯覚させる演出なのかな?と思いました。
やっぱり、家康くんはドラゴンボールエボリューションだなあ。
そして摩訶不思議アドベンチャーの歌詞がぴったりみたいな。

筆頭とユッキの一騎打ちのところは
☄(●ω・´)⊃☄☆∋⊂(・A・´)oΨ カキーン!!!!!!
↑実際立ち位置逆はカキーンとなった時に一瞬、映像がとまるんですが、
その時の背景が雷雲を模ったような幾何学模様ですっげえかっこいいの。
なんて表現すればいいんだろう和製アールデコ?
そう、なんというか、BASARA3の背景って無機質で機械っぽいという印象。私自身はそんな感覚だった。
戦国時代は現代からみればいわゆる、古典。しかしながら、この映像はすごく果てしない未来に見えたりする。
この時間感覚が飛び越えまくってるところがおもろい。

新キャラは孫市、かんべ、大谷刑部、鶴ちゃんそれ以外はいなかったです。
前回、見落としてた、刑部は…手だけ踊ってました。印を結んでるのかもしんない、あれは。
なんかこうインド!!ってかんじに。それに合わせて数珠が飛んだり跳ねたりラジバンダリ。
やっぱり中の人はダルシムなんだよ。と思いました。

初めてみたときはスピード感のある目まぐるしい展開と映像美に気をとられ、
何がしたかったのかよくわからないOPだったのですが、
結局のところは家康くんとみつにゃんがお互いを目指すために爆走していて、
そこに蒼紅と新キャラがお邪魔しましたよ、っていう展開なんだな。ということがわかりました。
…アレ、これじゃ紹介になってないな…。買えばわかりますよ、ってことで。

映像が終わると、
「今回ギャグないですねー、でっかいの(信長公と秀吉)とか出てこないし。こうスタイリッシュに…」
と森田さんとこばPのスーツ姿を持ち上げながら。笑 ノ)シσ・∀・)σヒュー
こばPも「こんな風にスタイリッシュです!ビシイッ」 とノリノリ。
夜の部では森田さんとこばPは実は同い年なんだよ、なんて話をしてました。
そんな事実の発覚に会場からは驚きの声が。
森田さん、「それはいい意味での驚き?悪い意味での驚き?」と返事してた。

「ところで、わざわざオープニングとつけるからにはエンディングも…?」
そんな風に森田さんが話しをふると、こばPからエンディングテーマについてようやくご紹介。
4/9に既に発表済みではありましたが、担当されるのは石川智晶さん。そのタイトルは「逆光」。
そしてその曲を紹介するのは今回のイベントが初めてとのことで ガタタッ
OPが西川さんでEDが石川さん…この組み合わせはまさに運命ですね。ガソダム種的な意味でも。
というわけで、エンディングテーマにのせて、スペシャル映像の公開!!!!

m9ノ)シ`・∀・)ビシイッ < この映像、言っときますが「瞬き禁止!!」ですよ!!!!!!

いや、ホント、仰るとおりで…寒気がするほどやばい。切ない、胸が痛くなる。

おやかたさまが…おやかたさまが…
病に伏したって話、ときいてたのにアレどうみても…ってくらい深刻な状態になってました。
お館様…、戦場で仰向けに倒れ静かに眼を閉じていました。そこまではまだよかったんですが…
カメラが引くと身体には武田軍の陣幕がかけられてたんです。
ちょ、ええええええええええええええええええええええええ。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
そしてその側で膝をつき涙をこらえるユッキをみると…もう…あああああ、もう勘弁してそれだけはッ!!!!!!!
お館様にかけられていたのは陣幕ですが、
これ、国旗の場合だと…そういう意味だから…最悪の事態にしか考えられなくて…。
そんな、お館様の姿に会場一同、今にも泣き出しそうな悲鳴があがってました。
やっぱ、お館様あってのBASARAだからなあ、みんな思うこと一緒だよ…。ホントお願いだから奪わないでくれ。

続けて、ああ、こりゃ筆頭はみつにゃんのことを根にもつは…ってのがわかる映像。
これは、ホントにひどい。中井さんも「だって(みつにゃん)ひどいんだよ?」って仰ってましたが、まさかここまで。
先にこじゅがみつにゃんにやられて、岩かなんかおもくそ腰ぶつけて、
足ガクガクの生まれたての仔鹿みたいになって立てなくなってるんですが、笑
って、ここ笑うとこじゃなくて、もう、このときのこじゅが顔を歪める姿がなんとも痛そうで…。
んで、筆頭は多分みつにゃんに怒号して(多分、何かしゃべってる。口パクだったからわかんなかったけど)
刀を抜き斬りかかる寸前にみつにゃんに片手でぽーんとふっとばされるんです。
飛蚊を振り払うかの如く。しかもみつにゃん、自分は全然、抜刀する気配出してないからね。
で、筆頭、地べたにドッシーン。これを「NO!降りてきたのサ!!」と彼は語るが。笑
…筆頭はみつにゃんと刃すら交えることすらできなかった…。これは屈辱でしょう、どう考えても。
みつにゃんまじでやべえよ、アレ…。どうしよう…おいしすぎだよ、みつにゃん…。

ちょっとストーリー性があるなーって思ったのはこのくらいかなー、
あとは佐助がかっこよかったり、KGはずっと崖の上から何か見てたり、
秀吉とはんべが大阪城の天守閣から空を見てたり、孫市が銃撃ちまくってたり、お市もいたかな?
見たことない映像が多目でしたが最近、発表になったNPCの小早川とか天海とか髭男爵とかいなかったです (´・ω・`)
そんでスペシャル映像のラストがまた切ないーーーーーーッ!!!!!!!
家康くんに討たれた秀吉をみつにゃんが抱きかかえて、震えるように蹲ってるんです。
もう、なんか悲しいのとか辛いのとか痛痛しいのとか多すぎて、
そんでそこに石川節炸裂なちょい鬱でピコピコでアップテンポのめっちゃかっこいい、
でもやっぱり切ないバラードが畳み掛けるからなんか、やっぱり…滅入った。関ヶ原まじで逼迫しすぎ。
とそんなかんじでした。

ノ)シ`・∀・) < みんな活躍してるけど、慶次は崖の上に立ってるばっかりでしたね~

緊張で張り詰めた会場をときほぐす森田さん。
それにこばPは「あ、アレは(崖の上にいることを)楽しんでるだけらからね。笑」
と、ばっさりに会場大爆笑。こばPめっちゃ突っ込みます。おもろい!!

スペシャル映像はドラマパートをギュっと凝縮したもので製品に収録されるとかいう話。
因みに、石川さんはアニメの挿入歌で「落涙」も提供されてますが、
「逆光」は戦国BASARA3のEDとして先に楽曲をつくらていたそうです。
そう考えるとかなり前から戦国BASARA3って企画されていたんだねえ…。そりゃ、こばPも戦闘服になるわけだわ。うん。

このあとはプレイ動画を見ながらゲームシステムについて紹介。
スペシャル映像のインパクトが強すぎてあんま覚えてないですがお市や風魔が活躍してました。
「ゆけゆけ~風魔ーーー!!!!」なんておじいちゃんの台詞が印象的だったなあ。
お市は完璧に(頭が)イってた。みてて危なっかしかったです。大丈夫か…アレ。
あと、みつにゃんについては極殺モードっぽいのがあった。
極殺こじゅみたいに頭にビリビリ雷みたいなのが集まって両手ブラリ戦法(あしたのジョー)で歩いてた。

今回は通常技が「BASARA3だけに三つ装備できますよ!」なんて誰もいってませんが、
とにかく通常技が三つ装備できる。陣システム。陣が爆発してフィーバーしまくってる映像に森田さんは
「すっげえチャリンチャリンいってますねえ~」なんてつっこんでた。かんべおもろいなーとか。
それから技でコンボができるようになっていて、ボタン連打でもかっこいい攻撃ができるけど、
さらにコンボにつなげられるので、アクションゲームが苦手な方も、得意な方も楽しめるようになってるんだって。
戦国絵巻モードについては、いろんなシナリオで関ヶ原が目指せるようになってるとか。
従来のシリーズのように決められたシナリオがある、というわけではなく、
プレイヤーの選択次第でそこはフレキシブルにってことなのかな?ちょっと勉強不足でした(冷汗)。
戦刻ブーストは解き放つことで身体能力を極限状態に保ち、
相手の動きがスローモーションにみえるというものなんだそうです。最近だとシグルイでそんなのみた。
で、こん時にバサラ技を出すと究極バサラ技に変化ってのは戦極ドライブと一緒ですかね。


と、こんなかんじでしたかねえ。なんかもう覚えてないや。
やっぱゆのみが終わってたことが身に堪えて、集中力が散漫になってた… (((´・ω・`)

まだつづきますよ。

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/696-c411d324
Listed below are links to weblogs that reference
バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2 from Larme de Crocodile

Home > 戦国BASARA行事レポ > バサラ祭2010春の陣【昼の部】【夜の部】レポート その2

P-Clip

P-Clip β版
プロフィール

あわに

Author:あわに


深夜アニメの感想を好き勝手に綴るのが趣味の生まれながらの厄年(42歳)

タグクラウド

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。