Home > スポンサー広告 > TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/746-a0f7889a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Larme de Crocodile

Home > スポンサー広告 > TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

Home > 戦国BASARAアニメ感想 > TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

で、ここからは筆頭のターンだよーーー。

(#●Д゚)ゼエゼエ < …WakeUp!!WakeUp Guys!!!!

って、戦いに明け暮れた兵士を奮い立てさせて、みんなを労ってたけど
アレ、絶対、筆頭一人で皆殺しのブルースにしたんだと思ってます…。
だって、掛け声で起き上がった伊達軍…もうみんなずるずるゾンビみたいになってたし。笑

筆頭の背の傷を見て涙ぐむ例の四人組、やっぱりアレだよね、文七郎はいいこというよね。
「筆頭の背中は片倉様にしか守れねえんだ…グスッ」
って、ホント、こじゅのこと好きだよなあ…。文七郎は応援してるんだよ、何かを。
一旦、奥州に戻り、大阪への出陣に向けて体制を整えることを決める筆頭だけど、政宗様…貴方というお方は…

(●ω・´)+キリッ < 豊臣を潰す…。小十郎を取り戻すついでにな

こじゅ>>>>>>>>>>>>>天下とるぜ!!>豊臣ブッコロー

で、筆頭の脳内ウェイトはこういうことでいいんですよね。
相変わらず全力でかっこつけてるのになんて恥ずかしいことを仰せになるのか…。
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(#。A。)-3!!!

…囚われのヒロインを取り戻すためのものっそいプリンス様発言。
で、士気は最高潮に昂ぶってる筆頭の元にのしりのしりと現れたのは、まさかの…!!

汎用覇王型決戦兵器 人造人間 HIDEYOSHI!!!!!


夕日を背に向かってくる秀吉の姿が、第13使徒に乗っ取られた参号機(18話参照)に似て蝶で笑ってしまった。
まさかラスボスの秀吉が直接出向いてくるとは思わなかったから驚いた…!!なんで?なんで?
お互いに挑発し合うのだけど…噛み砕くとこんなかんじか。

(●ω・´) < 俺は竜だZE!!
ミ゚Д゚ミ < 貴様は蛇だ!!
ワーワー ヽ(#●ω´)メミ゚Д゚ミノ ワーワー

竜のウロコは倒れるまで一枚も剥がれないんだそうです…ガードが固いぜ、筆頭。またそれも良し。(…)
秀吉が摺上原に自ら出向いたのは視察、もし生き残っていたとしても、
疲弊しきった伊達軍に追い討ちをかけることでウマーの為だけなのだろうか。
なんだか、はんべの画策が裏にありそうで気になって仕方ありません。
いずれにしても、筆頭はこのままじゃ…秀吉にやられちゃうんじゃないかと、
竜のウロコは剥がれなくてもいいけど、陣羽織は剥がれてもいいんだぜ…。(最悪)

それにしても…、今回の筆頭はやたらスラリとしてるなあと思ったら六爪くん、どこいってもうたんや…。
あれは…こじゅが必死で取り戻した竜の宝ですよ…?
しっかし、筆頭は六爪がないと麗しき柳腰が強調されて非常にまずい(゚η゚)
六爪は良心ですな。

で、ユッキのターンですが…
「小山田いきまーーーーーーす!!!!!!」
で、びっくりしました!!!!なかのひとがあの古谷さんですよ!!!!!
ホントホント、すごいですよね、キラとアムロが時空を超えて今ここに揃うとは!!!!
つーか、BASARAのなかのひとって殆どモビルスーツに乗ってるからすごい。
小山田さん…こじゅに似てますよね。一瞬、こじゅがユッキと一緒にいる??
って目を疑いましたものってくらい今回はこじゅが足りてないようウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
若かりし頃のこじゅってあんなかんじなのかなあー。
伊達軍の4人組みたいに、武田騎馬隊も小山田さんのほかに活躍する人が出てくるといいな。

ユッキ率いる武田騎馬隊は早くも近江入りを果たした。
野営で立ち寄った集落は随分と疲弊しきっていて、女性や年端のいかない者ばかり。
豊臣による徴兵が行われ、男手ひとつない。
それにしても小山田さんの豊臣軍はこんなだよ情報がまじで怖い。
はんべは…アレ、おもくそ調教師でしたね…。
ユッキは、手を差し伸べて少しでも皆の力になりたいと思うが、
今はお館様の命を受けてる為、そうもしていられない。でも、ほっとけないユッキ。
目の前で倒れかけた老女を助けていると、暗雲が立ち込め…

…ごめんなさい…

Ψo(・A・´;)oΨ < この声は…

ユッキは近江じゃなくて間違えて恐山にきてしまったのでしょうか。
唐突にジャパニーズホラー展開。途中から違う作品になってたような…笑

雷鳴ととも響き渡るに嗚咽するその声の正体は…お市。
お市は…兄の亡き後もずっとあの城で涙を流し続けていたのだろうか。
これから兄の後に豊臣が再び司ろうとする苛政を嘆いて。
さて、お市がこれからどんな風に絡んでくるのかなあ。長政様がお市のスタンドになってるのかなあとか。
やっぱ、お市は寵愛を受けまくってますねってことで!

今回は作画すごく好みでした。
個人的な好みですが目の粘膜がきちんと描かていたので!!あとKGの下睫が綺麗!!
目の粘膜や歯並びをなど細かい部分まで描く、そういうのが好きです、私は。

あと、これも他所様のブログを拝見してへえ!と思ったのですが、
こじゅを売ったと思しきお鈴ちゃんは1期にも登場してたとか…!!ちょっとDVD見直してみよう!!
ついでに7話もみておこう。(こればっかり)

今回の作文はその1は真面目にかいたほうですが、その2で台無しでしです。以上!

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/746-a0f7889a
Listed below are links to weblogs that reference
TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2 from Larme de Crocodile

Home > 戦国BASARAアニメ感想 > TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

P-Clip

P-Clip β版
プロフィール

あわに

Author:あわに


深夜アニメの感想を好き勝手に綴るのが趣味の生まれながらの厄年(42歳)

タグクラウド

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。