Home > スポンサー広告 > TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/775-8520b9db
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Larme de Crocodile

Home > スポンサー広告 > TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ

Home > 戦国BASARAアニメ感想 > TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ

TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ

おめかしした甲斐あってやっとやっとスルーされずに目通りを許されたKG。
二人がまともに会話するのってBASARA弐で初めてだね。顔は合わせてはいるものの。
その会話はKGは前田家当主として、秀吉は大阪城城主として。
で、アレーっ??て思ったのは秀吉は利から家督を奪ったつってたけど、利、家督譲ってないよね?
アレ、譲ったっけ?いや譲ってないだろう。
KGは前田家当主って自称・前田家当主だろ、コレ。
そんな、自称・前田家当主の申し出は前田軍は豊臣にはこれ以上従わない、離反する。
そして、どこにも属さず戦いを放棄する。と。
KG、我を通したね、とうとう。
利に先手を打ったってかんじ?というか、秀吉はKGの言葉を前田家当主として受け止めていいの?
って、秀吉にとっては利が当主でもKGが当主でもどっちでもいいのかな。
前田が方向性を改めれば、あとは都合に応じて利用するも報復するもその時次第ってところかな。
なんか…加賀国はあとで豊臣軍に攻め入られ、利が(゚η゚" !!!!みたいにならないことだけ祈ります…。

それから、また少しだけねねのことが明らかになった。
ねねは秀吉が初めて心から惚れた女性。なのに、自らの手で殺めた理由。
力を手に入れるためには一度全てを手放さなくてはならない。
ねねがいることで、秀吉は人を愛することだとか優しさだとか穏やかな感情でいられる。
だけど、力を欲した秀吉にとってはこの「友愛」という感情は弱さ、脆さ、儚さでしかない。
それを断つ為に、全ては力のためには例え愛する者であっても殺めることは厭わない。
そして、そのことすら「瑣末なこと」として消化していた。秀吉は実にストイックだけど極端すぎる。
力の虜となった秀吉に、かつてねねを愛していた頃の、自分と友達だった頃の感情を思い出してほしいように、
KGは秀吉の考えを批難し、人と人がお互い支えあって助け合っていく、人は国のために生きているのではない
と訴えるが、秀吉にとってはKGの考え方はこの戦乱のご時世の空気が全く読めてなくてアナクロ。
この問答、時代背景からすれば秀吉の主張の方が正しい。
だけど、諸君!!私は戦争は好きではないッ!!だから、私個人はKGの主張を断固として応援したい。
温くて夢見がちで無血で安穏としたまま泰平を迎えてくれればどんなによいことか。
結局、二人の主張は平行線のまま。交わることなくKGは大阪城を追い出される。

で、秀吉が力に固執する理由が紐解かれた。っていうか、エーーーーっ!!!?て思った。
今の秀吉がああなっちまったのは松永のせいだって。
なんか、松永いろいろとおいしすぎ。おいしすぎて笑っちまったよ。あの人なんなの、素敵すぎる。
ここは英雄外伝のエピソードのくだりで、若さゆえの増長といいますか、過信といいますか。
かつて、KGと秀吉はつるんで腕試しとして諸国の武将やつわものたちに喧嘩を吹っかけていた。
で、その相手の一人だった松永に喧嘩を吹っかけてフルボッコにされましたとさ。
しかも松永はスパルタンだなあと。手加減は一切しない、力のないものは何をされても仕方がない。
調子ぶっこいたガキどもに大人の怖さを思い知らせてやるといわんばかりの松永節。
そしてこれが世の常、世のことわり。
思い知らせるどころかなんかもう、殺す気満々でしたね。
もう動けないほど痛めつけられた秀吉に覆いかぶさってKGは
もうやめてくれ、大切な友達をこれ以上傷つけないでくれと嘆願したが、
朦朧とした意識の中で秀吉の心に強く強く爪あとを残したのは松永の言葉だったんだろうな。
いや、KGが庇ってくれたことも忘れていなかっただろうけど、
どん底まで突き落とされるほど、秀吉は肉体的にも精神的にも自分の非力さを教え込まれたのだと思う。
秀吉は生真面目だし、自分に甘くない。KGみたいに謝ってどうにかしよう、という札を持たない。
プライドが高いっちゃ高いし、だから非の打ち所も作らないように努力するような人なんだろな、と。
這い上がる為には無力は罪であると己に言い聞かせ、
再び立ち上がった秀吉の目は、今の秀吉と同じ光が宿ったものに変貌を遂げていた。
松永達が去ったあと、追っかけてきたのが筋肉だるまんとこの坊さんたちで笑った。
本願寺にも腕試しで乗り込んでいたとはね!!
こういうかたちで顕如んとこも関わってきてくれたのは嬉しかったかなー。笑いどころもあったし。
KGはさっきは松永の件もあって、悪かったって反省してると手を合わせる。
でも、すっかり心変わりした秀吉にとっては、力のない者は価値がないからね。
さっき、ボッコボコにした顕如んとこの坊さんは力がなかったからフルボッコにされたんだよね、
だからこれからも何されても仕方ないんだよね。というわけであーあ、秀吉…殺っちゃった。
秀吉のこの変わりっぷりは、北斗の拳の聖帝サウザーみたいなもんだな、と思った。

その苦い思い出を経て幾年。松永とKG、秀吉が邂逅することになるとは!!
松永ははんべに招かれ大阪城に向かう途中だった。
そこで偶然にも松永に接触するKG。松永はKGのことは一切覚えていない。
ストレスで倒れた夢吉を介抱するKGを見ておかしな若者だ…と残し去ってゆく。
松永が夢吉を見て「友達か…」と呟いていたけど、あの言葉に続く松永節は、
友とは虚しいものだ的な何かがあったんだろなきっと。ソレ聞きたかったなあ。

で、大阪城を訪ねた松永は秀吉、はんべから、彼好みのお宝を受け取り、
それと引き換えにこれから攻め入ってくる奥州の一軍を迎撃するように書状を渡される。
松永にとっては…この話どう乗ってくるんだろうか、飄々とした感じだったけど。
彼が実際に痛い目に合わされたのはこじゅの方だし、こじゅが豊臣に囚われてることを知るかどうかは謎ですが、
こじゅに報復する意味を込めて筆頭にもっとこっ酷いことをしてくれる…とかとかフンガ(*゚∀゚)=3
うわあああ、もう、妄想広がるなああ。松永はホントいい!!素晴しきへんなおじさん!!!
それにしても、松永、秀吉のことも覚えてなかったね。
どこかで見たことあるような…とは言ってたけど、あの出来事は松永の記憶には残らないような些細なことでしかなかった。
秀吉は表情ひとつ変えず、松永を見つめていたけど…秀吉は一日たりとも松永のことは忘れてないんだろうな。
もしかしたら、秀吉は松永を罠に嵌めようと思ってたりとか。
うーん、それとも、かつての松永の言葉を受け止めて今の自分があるという昇華ができていて、
松永のことを強きものとして評価しているか…。気になるなあ。

で、ユッキは薩摩でのんびりだなあ。瀬戸内で半数の兵を失ったって言及してたのにはびっくりこきまろ。
何やってんのユッキ。そりゃあ、凹むわなあ…なんか、モノローグに鬱入ってるもん、泣き入ってるもん。
そんで、友好的な島津のじっちゃんだけど、ユッキの交渉というか武田の策に乗ってくれない。
今の薩摩軍は織田、豊臣に追われた者たちの寄せ集め。
思いは人それぞれだし、素直に武田の策に応じるかどうかも謎。
じっちゃんは静かに自分の体力と疲弊しきった薩摩の回復を待つことを良しとするご様子。
ナリ様のことも気にしてたね。あのくだりはドラマCDんとこか。ドラマCD聴いた時はナリ様ひでえ!!
って思ってたけどじっちゃんは安土城で織田を包囲したのに、
その傍らで自国を守る為なら何だってやるナリ様を一国の将として高く評価していたのには驚いた。
じっちゃんは誰よりも場数踏んでるし、いろんなものを見てるからやっぱり達観してんなあ。

で、武蔵はなんであんないい子なの??すっごいじっちゃんのこと尊敬してるよね、大好きなのも伝わってくる。
ユッキにホントの親子のようだと言われて武蔵は卑怯キャラだから今が倒しどきの絶好のチャンスなのに、
じっちゃんが元気になるまで面倒みる。そして、最強の鬼島津を倒して俺が最強になる。
うわあああ、こんなの宮本武蔵じゃねえええ!!!!!!すげえいい子!! いいよこれグググッbbbbb!!!

にしても、アレだね、BASARA弐は一期の時みたいにドラクエのように、
ひとことふたこと喋って「○○がなかまになりました。」みたいな展開ないね。
織田の件があって、誰もがひとまず保守にまわっているかんじなのかな、そう易々といかない。
尺が短いから…これホント全12話+1話でどうにかなるのでしょうか。

そして易々いかなそうなのがもうひとつ。
一方その頃の筆頭は山で山賊めいたものに囲まれる。
でもよく見たら山賊じゃねえ!!海賊だった ま さ か の!!!!!

\アニキーーーーーーーー!!!!!!/

ヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノ

アニキ…すっかり、元気そうじゃん。やったあ!!

(`∀▼) < 悪いな兄さんたち。ちょいとその馬俺たちに貸してもらおうか

アニキ、伊達軍の馬を奪う気満々ですが…アニキたちどうやって大阪より東まで移動してきたんだろ。
あとアニキって馬乗れるの?だとか、
アニキは織田包囲網に加わっているのに相手が伊達軍だってことに気づいてないのかなあ、とか。
なんかアレ?と思ってしまったまま次週は東西アニキ対決ですかフンガ(*゚∀゚)=3
うっわーーー、これ楽しみだわ。まじで楽しみ!!!!東西アニキもよいね!!好き好き。

でーー、はんべ…大分、身体が病に蝕まれはじめてますね。とうとう血を吐いた。
大阪城を追い出されたKGは遭遇したはんべに秀吉は友を失ったら泣くだのなんだのみたいな話してたけど…
あれ、切ないな。今の秀吉ははんべを失っても泣かない、はんべもそれを望んでない。
秀吉とはんべの間には友情があるけど、二人の友情はお互いの長けた能力を尊敬しあう、
みたいなもんでKGの唱える友情とは別もの。
でも、秀吉には…かつてと変わり果てたとはいえど、はんべを失ったらやっぱり泣いてほしいな。

あと夢吉…ホント、元気になって。゜(゚´Д`゚)゜。
あの子、何も言わず(いや、言えずにか)にいろいろ受け止めてるから、KGの肩から落ちた時に泣きそうになった。

今回録画失敗しちゃったのでリアタイで見た内容を筆記するだけ。
台詞や話の筋は大まかになぞっただけなので、細かい部分は適当に嘘ついたり勘違いもあります。
あとで^^で動画配信になるから間違ってるところ、かきたりないところは加筆修正するかもしれません。

いつもPCにワンセグチューナーくっつけて録画してるんですが、
外出して帰宅すると部屋が暑くてハングアップしちゃうんです (´・ω・`)
今日はとうとう仕事さぼりやがった。あーあ。

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://mimimiawani.blog65.fc2.com/tb.php/775-8520b9db
Listed below are links to weblogs that reference
TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ from Larme de Crocodile

Home > 戦国BASARAアニメ感想 > TVアニメ戦国BASARA弐#8感想ネタバレ

P-Clip

P-Clip β版
プロフィール

あわに

Author:あわに


深夜アニメの感想を好き勝手に綴るのが趣味の生まれながらの厄年(42歳)

タグクラウド

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。