Home > 戦国BASARAアニメ感想

戦国BASARAアニメ感想 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

TVアニメ戦国BASARA弐#4感想ネタバレ

近江の集落で野営に落ち着いたなか、
ユッキが安土山から聴こえる亡くなったはずのお市の咽び声は一体何なのか…
依頼がきたわけでもないのに、探偵ナイトスクープでござる!みたいなお話です。

かつて、魔王のおっさんと相見えた安土城址内を声の聞こえる方に向けて歩を進めると
奥から現れたのはなんと、まさかのえええええええええええ!!!!!?

へんなおじさん松永がぬるりと登場!!!
いや、まさか、びっくりした、だってだってこじゅにフルボッコにされてドーンだったじゃないか!!!
まあ、そんなんでお亡くなりになったと100人中100人がそう思う松永は
あの大仏殿での戦いでは予め隠し通路を残して生きのびていましたとさ、
といううーん、なんともあとのせサクサク感。笑
でも、嬉しいなあ、松永。松永はいいですよ、松永。
たった2話だけの登場にしとくには惜しい人ですもん。なんとも嬉しいサプライズです、スタッフ様に感謝だ。

ユッキは何ゆえに松永がそこにいるか、の問いをかける。
松永は即答することもなく、視線を横に向けた先には現と異界(つまりあっち)のはざまを
宙ぶらりんな状態になってしまったお市が項垂れて嗚咽している姿があった。
あれ?お市生きてるの…?死んでるの…?死んだと思ったけど生きてたの?
まあ、いいか、どっちでも。
でも「生き残りのなれの果ての姿」と松永が言及してたから生きてたみたいです。

お市の夜な夜な咽ぶ声に安土城址には誰も近寄らないものだから、
それをいいことに松永は彼のお楽しみコレクションを増やす為にもそもそ物色してました、というわけです。
で、そのお楽しみコレクションというのがまた悪趣味で…
松永の手に収まっていたのは魔王のおっさんの頭蓋骨。
これを杯に嗜むのも魔王のおっさんに生きたまま焼き尽くされた亡者への供養になろう。
お亡くなりになってしまった魔王のおっさんにとってはなんとも皮肉な話です。
でも、遺骸が出てきたって時点で魔王のおっさんはBASARA弐の世界ではホントにお亡くなりになっちゃったんだね。
魔王は何度でもエロイムエッサイムと呼べば出てくる、それでこそ魔王だと思うんですが
そーいう見方をすれは死んだかと思ったら生きてたーなお市の方が魔王としての素質はあるな。

そうはいってもユッキは苛烈残虐極まりなかった織田信長でもひとりの武人として讃えていて、
松永の行為は冒瀆である、と非難する。
けれども、松永にはその亡骸をつくったのは誰か、と痛いところを突かれる。
自ら殺めておきながら、それを棚に上げ、今はただの物でしかないものを持ち去るだけの松永を悪と咎める。
…松永はこういうところがいい。
命のをとり上げることと命のないものをとり上げることを悪という尺度で天秤にかけたとき、
有事かそうでないか、環境によってその傾きはぶれるみたいなことですが、これも答えの出ない話だなあ。

しかも耳聡い松永は、筆頭が奥州の地ではんべの策略にはまり、満身創痍のところを秀吉にとどめをさされたということも知っている。
とどめをさされた…だと?前回、だいぶがんばっていたけど…ええええ?
それにしても、松永は相変わらず、今回はかたっぽいないけど、双竜の見物が好きなんだなあと思います。
魔王のおっさんだけでなく戦友や武田軍を愚弄するなど言いたいこといって、遺骨はしっかり持ってでは、失礼。の松永を声を張り上げて追いかけるユッキ。
だが、行かせまいと、目の前にはお館様が小田原城壁に埋め込んだはずの風魔が立ち阻む。
風魔は三味線屋の勇次のように手に巻きつけたピアノ線のようなものを引きちぎると安土城址はドカーーーン。

やっぱ松永おいしいなあ…彼の無常観は決して押し付けるものではない。
ユッキの暑苦しい論考を否定するわけでもなく、ただ、「信長公より業が深い」
この言葉で片付けたことには寒気がした。あと、飛び立つカラスに紛れて姿を消すところとか。
へんなおじさんなのにすごくかっこよかった。松永またでないかなあ。

で、よくわかんなかったんですが、ユッキが問答をしてる時に六文銭を握ってはっとなってましたが…あれなんだったんだろ。

ユッキは瓦礫の中から脱出すると、お市が「返して…それは兄さまの…」と
失われた兄の遺骨を求めて四つん這いでせまってくるから怖い。
エクソシストのブリッジではいまわるアレくらい怖い。うわあああああああ。
お市は誰が奪ったかは分別がついていない。なんでもいいから返してくれ、そんなかんじ。
根の国の黒い手は唸りをあげてユッキに襲い掛かる。
ユッキはそれを粉砕し続けるが縦横無尽に飛び出しては首を四肢を捕らえ絡みつく。
「ずっとそばにいてあげる」とユッキに迫る市が顔が近い、近いっつーの!!!!!
っていうか、そのココちょっとこれ日5でまずいんじゃないのか…と思うくらいドキドキしてしまったのだが、
ユッキの腹筋が非常に綺麗に描かれていたのはよいのですが、
それを撫でるような黒い手の動きがえっちだなあと思いました。
しかもユッキがこれまでにないくらい男前なかんじだったんで、エーーーもうなんだこれー。
フンガ(*゚∀゚)=3とかいいませんが…でもあれはいかんよ。いやいいよ、でもいかんよ。
ユッキは…日5でやるからには小学生の人気者みたいなキャラでいてほしかったので…
例えば
掃除の時間にほうきを二本持ち出して「俺、幸村やるからおまえさすけー」
みたいなそういう会話をして遊びたくなるような健康的でかわいいお兄さんみたいな。
…いや、いいんだけどびっくりした。ホントにびっくりしたんだ。いや、私が単に負け組思考なだけかな…。

根の国の入り口が開いたともいうべきか、魔王のおっさんの呻き声が聞こえるとともに、
黒い手はユッキの身体きつく締め上げ、そのまま引きずり込もうとする。
で、お市は錯乱しながらも黒い手を阻止していたのだった。
自分の中に侵食しようとする信長公の意志に苦しみ悶え、でもそれを元の場所へ鎮めようと戦っていた。
お市を傷つけることはできないユッキだが、
このままでは引きずり込まれてしまうので腹を決めて火焔車で黒い手もろともお市を吹っ飛ばす。
一瞬、魔王のおっさんの幻影をを目にし、はっとするユッキ。根深いです、魔王。

で、ここからは筆頭のターンフンガ(*゚∀゚)=3  

まず、筆頭のおめめがアップと瞳孔の動き、睫毛、涙袋でひっくり返ったんですが、
目を醒ますときてるよ~きてるよ~。でも服は着てないよ~で包帯ぐるぐる!!!!!!!!…フンガ(*゚∀゚)=3

…もう、ありがとうございます、感謝の言葉以外ないです。敬礼だよ敬礼(`・ω・´)ゞ

いやでも、伊達軍的にはちっともよくないです。
筆頭は…激戦の末、秀吉に負けてしまっていた。だけど、一命を取り留めることができた。
その経緯は四人組から口々に語られる。

秀吉とぶつかり合い、弾かれ吹っ飛ばされる、そのあとの追い討ち。あれは…酷かった。
頭を握りつぶされそうなくらいに掴まれ、そしてぽいっと放り投げられコロコロ転がった姿。
これ以上筆頭を傷つけるわけにいかないと、伊達軍兵士は自分の身を盾にするようにかぶさって筆頭を守る。
ここ、最初は、うわああ、みんな…!!と目頭が熱くなったんですが…気づいたら
アレいくらなんでもかぶさりすぎだろ。笑
体育の授業でやった組み立て体操のピラミッドみたいになってたぞ。
筆頭が完全に気を失ったのは伊達軍兵士に押し潰されたことが原因なんじゃないか、と思ってます。(…)

その身を呈して自分の主人を守る兵士たちの姿に秀吉は若かりし日を思い出す。
かつて同じように殺されそうになった自分を身を呈して守ってくれた慶次の姿を重ね
秀吉は攻撃の手を緩めてしまった。
その隙に筆頭を連れて全力逃走。そして現在に至る。自分を死ぬ気で守ってくれた兵士たちに礼を述べ、

(●ω・´) < insufficient blood

これなんかスゲーかっこいいこといってる?って思ったら「血が足りないぜ」って意味なんすね。
奥州英語は使い時が未だによくわかりません。なんかかっこいいこといってるな、って思ったらズコー。
食べ物食べて血を増やそうっていう単純明快な発想は男の子っぽくていいなあと思いました。

だが、しかしだ、あれはいくない。
筆頭が起き上がった時に今回の筆頭の包帯の巻かれ方についてだ。
今回は日5なので筆頭に限ってはB(R指定)は出せないだろうな…と思いましたがやっぱり出さなかったかという、
やんわりとした期待があったけどやっぱりないか、という残念感。
そしてユッキは丸出しなのに、筆頭の場合は露出することを禁じられた腹筋。あれもR指定なのか…。
なんか、筆頭だけすごいガード固いよね、いいんだけど。
利なんかエンディングでふんどし一丁なのにね。あれで自然体だからね。利が奇跡のような存在というべきか。
という残念感があったのに、それらは結局、あれはいくないと思った部分に転化してしまった。
それらを踏まえないと完成されない胸と腹筋の間からわずかに覗くスキマスイッチにフンガ(*゚∀゚)=3
なぜ、中途半端に巻いたし、と。なぜ、そこでチラリズムを…いくないです。いくない。
ガートが固いからこそのチラリズム(゚η゚) …もう…とっとと作文かきます。

で、KGのターンは切なかったなあ。
利、まつねえちゃんのめいっぱいの笑顔や楽しかった思い出の回想を見ててうるうるしてしまった。
KGは大阪へ向かい、再び、秀吉を止める決意をする。

はんべのターンは手はず通り、中国との同盟に至った。
薩摩にある豊臣に屈しない勢力とは一体何者なのかというのがとても気になります。
今日の展開だと、まさかお亡くなりになった人たちが生きてましたみたいなことになってるから、
まさか鬼島津も…?なんて期待しちゃうんだけど、おもくそ血噴いてお亡くなりになってたし…、誰だろう??
ナリ様は豊臣がが急いて動いていることを見透かし、それを勘ぐっているようにみえる。
それをはんべははぐらかし、四国攻めに話を挿げ替えていた。
はんべが急く理由は自分が病気で死ぬ前に秀吉に天下を獲らせたいコレだけだと思うんだけど、
自分が病気であることは誰にも知られたくないんじゃないかなって思ってます。

来週は筆頭が黒龍を鞘に収めてましたね…。これで筆頭がなーんで黒龍を握ってたかの秘密が明らかに。
それにしても、ほんっとこじゅ出ないね。
また筆頭がぼっちなんてもうやだよー。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

あと、今回のお話はすごくわかりやすくてよかったし、1期から見てる人には嬉しいサプライズが多いなあって思ったけど、
2期からみはじめた人はかなり置いてけぼりな内容だと思いました。
というのと、BASARA弐はもっと子供も楽しめる内容になるのかなーって思ったけど全然、大人向けですね。
それでいいと思いますが、このままだと、
「戦国BASARA弐魚肉ソーセージ(シール付)」とか「戦国BASARA弐カレー(シール付)」とか「戦国BASARA弐学習ノート」とか
子供が喜びそうな商品は出なそうだな。いや、単にそんな商品出たら私がほしいだけなんだけども。以上。

TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその2

で、ここからは筆頭のターンだよーーー。

(#●Д゚)ゼエゼエ < …WakeUp!!WakeUp Guys!!!!

って、戦いに明け暮れた兵士を奮い立てさせて、みんなを労ってたけど
アレ、絶対、筆頭一人で皆殺しのブルースにしたんだと思ってます…。
だって、掛け声で起き上がった伊達軍…もうみんなずるずるゾンビみたいになってたし。笑

筆頭の背の傷を見て涙ぐむ例の四人組、やっぱりアレだよね、文七郎はいいこというよね。
「筆頭の背中は片倉様にしか守れねえんだ…グスッ」
って、ホント、こじゅのこと好きだよなあ…。文七郎は応援してるんだよ、何かを。
一旦、奥州に戻り、大阪への出陣に向けて体制を整えることを決める筆頭だけど、政宗様…貴方というお方は…

(●ω・´)+キリッ < 豊臣を潰す…。小十郎を取り戻すついでにな

こじゅ>>>>>>>>>>>>>天下とるぜ!!>豊臣ブッコロー

で、筆頭の脳内ウェイトはこういうことでいいんですよね。
相変わらず全力でかっこつけてるのになんて恥ずかしいことを仰せになるのか…。
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(#。A。)-3!!!

…囚われのヒロインを取り戻すためのものっそいプリンス様発言。
で、士気は最高潮に昂ぶってる筆頭の元にのしりのしりと現れたのは、まさかの…!!

汎用覇王型決戦兵器 人造人間 HIDEYOSHI!!!!!


夕日を背に向かってくる秀吉の姿が、第13使徒に乗っ取られた参号機(18話参照)に似て蝶で笑ってしまった。
まさかラスボスの秀吉が直接出向いてくるとは思わなかったから驚いた…!!なんで?なんで?
お互いに挑発し合うのだけど…噛み砕くとこんなかんじか。

(●ω・´) < 俺は竜だZE!!
ミ゚Д゚ミ < 貴様は蛇だ!!
ワーワー ヽ(#●ω´)メミ゚Д゚ミノ ワーワー

竜のウロコは倒れるまで一枚も剥がれないんだそうです…ガードが固いぜ、筆頭。またそれも良し。(…)
秀吉が摺上原に自ら出向いたのは視察、もし生き残っていたとしても、
疲弊しきった伊達軍に追い討ちをかけることでウマーの為だけなのだろうか。
なんだか、はんべの画策が裏にありそうで気になって仕方ありません。
いずれにしても、筆頭はこのままじゃ…秀吉にやられちゃうんじゃないかと、
竜のウロコは剥がれなくてもいいけど、陣羽織は剥がれてもいいんだぜ…。(最悪)

それにしても…、今回の筆頭はやたらスラリとしてるなあと思ったら六爪くん、どこいってもうたんや…。
あれは…こじゅが必死で取り戻した竜の宝ですよ…?
しっかし、筆頭は六爪がないと麗しき柳腰が強調されて非常にまずい(゚η゚)
六爪は良心ですな。

で、ユッキのターンですが…
「小山田いきまーーーーーーす!!!!!!」
で、びっくりしました!!!!なかのひとがあの古谷さんですよ!!!!!
ホントホント、すごいですよね、キラとアムロが時空を超えて今ここに揃うとは!!!!
つーか、BASARAのなかのひとって殆どモビルスーツに乗ってるからすごい。
小山田さん…こじゅに似てますよね。一瞬、こじゅがユッキと一緒にいる??
って目を疑いましたものってくらい今回はこじゅが足りてないようウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
若かりし頃のこじゅってあんなかんじなのかなあー。
伊達軍の4人組みたいに、武田騎馬隊も小山田さんのほかに活躍する人が出てくるといいな。

ユッキ率いる武田騎馬隊は早くも近江入りを果たした。
野営で立ち寄った集落は随分と疲弊しきっていて、女性や年端のいかない者ばかり。
豊臣による徴兵が行われ、男手ひとつない。
それにしても小山田さんの豊臣軍はこんなだよ情報がまじで怖い。
はんべは…アレ、おもくそ調教師でしたね…。
ユッキは、手を差し伸べて少しでも皆の力になりたいと思うが、
今はお館様の命を受けてる為、そうもしていられない。でも、ほっとけないユッキ。
目の前で倒れかけた老女を助けていると、暗雲が立ち込め…

…ごめんなさい…

Ψo(・A・´;)oΨ < この声は…

ユッキは近江じゃなくて間違えて恐山にきてしまったのでしょうか。
唐突にジャパニーズホラー展開。途中から違う作品になってたような…笑

雷鳴ととも響き渡るに嗚咽するその声の正体は…お市。
お市は…兄の亡き後もずっとあの城で涙を流し続けていたのだろうか。
これから兄の後に豊臣が再び司ろうとする苛政を嘆いて。
さて、お市がこれからどんな風に絡んでくるのかなあ。長政様がお市のスタンドになってるのかなあとか。
やっぱ、お市は寵愛を受けまくってますねってことで!

今回は作画すごく好みでした。
個人的な好みですが目の粘膜がきちんと描かていたので!!あとKGの下睫が綺麗!!
目の粘膜や歯並びをなど細かい部分まで描く、そういうのが好きです、私は。

あと、これも他所様のブログを拝見してへえ!と思ったのですが、
こじゅを売ったと思しきお鈴ちゃんは1期にも登場してたとか…!!ちょっとDVD見直してみよう!!
ついでに7話もみておこう。(こればっかり)

今回の作文はその1は真面目にかいたほうですが、その2で台無しでしです。以上!

TVアニメ戦国BASARA弐#3感想ネタバレその1

けんしんさまがKGの家族と刃を交えることになってしまう、この辛い現実はすぐそこまで。
このあってはならぬ戦いを止めるべくKGは馬を爆走中ってところから。
今度は間に合うといいねえって間に合わなきゃ話がはじまらないのですが。
みんなみんなホントは戦いたくないのに…この戦いは実に切ない。
それにしてもけんしんさまってBASARA弐になってから睫がすっごーーいフッサフサ、
瞬きするたびにドキドキします。
でも今回はさすがに切迫している状況だったので

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ζ*´⊿`*) *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

がなかったなー、ちょっと残念。忍者は空気も読んでいかないとね!!

で、国境に差し掛かったところでKGは前田軍に接触。今回は間に合った!!!!


(・A・´"=3 =3 ノ(゜-゜bヽ=3 =3 パカラッパカラッ

\ノ)シ`・A・)/ < 止まってくれ!利!まつねえちゃん!!

(・A・´"=3 =3 ノ(゜-゜bヽ=3 =3     \ノ)シ`・A・)/
ノ(゜-゜bヽ=3 =3              \ノ)シ`・A・)/
=3 =3                    \ノ)シ`・A・)/
                       Σ\ノ)シ`・A・;)/

ノ)シ`・∀・;) < 問答無用ってわけかい…

これがホントの華麗にスルーってやつだ…。スルーされてるのに無駄にかこいい演出。
がんばってるよKGは…とても、がんばってる…。
それ以上に利は本気なんだよね…。なんでだよう…。
そこにかすがちゃんが現れ、この戦いに巻き込まない為に、逃げるよう、けんしんさまからの言葉を伝える。

そして、この時がきてしまった…。けんしんさまと利、まつねえちゃんの対峙。
利が律儀に慶次がお世話になってます、と挨拶したのには笑ってしまった。
で、まつねえちゃんにおこられる。笑
しかしながら、前田軍、総動員に対して迎え撃つ上杉軍はけんしんさまと僅かの兵士。
なんと、上杉全軍を行き違いで既に加賀国に差し向けていた!!
もし、この越後の地でけんしんさまを討ったとしても加賀に戻る頃には上杉軍が陥落させているという…。
季節関係なく丸腰みたいな格好をしてる利ですが、さすがに自国まで丸腰にしてしまったのは失敗だった!!

これは、どう考えても引き返すしかないじゃないですか!!
越後の野を戦の血で染めず、さらにKGにも辛い思いをさせなくて済むこの策に感服した。さすが!!

だーのーにーーーーーーーー、利は引き返すこともなく、槍を構え

「秀吉様と半兵衛様は我らを信じ上杉討伐の大役を託してくださったのだ、すべては強き国をつくるため!!」

…なんでそうなるの、利。なぜそこまで豊臣に…となるわけ。
けんしんさまも倒し、加賀国も守る、頭に血が上っちゃってる利、
そしてその相手は越後の軍神、そして、人質に捕られたともいうべき加賀国の民。
今の前田軍にとっては至って不利な状況である、そう判断したまつねえちゃんは薙刀を構え、
勇敢にもこの場は自分に任せ加賀国へ戻るよう説得する。
さすがに最愛の妻に軍神の相手をさせることだけはできない…。
利は選択の余地がなくなってしまったこの状況に悔しそうな表情を浮かべると、
まつの言葉どおり加賀国へ撤収を決める。

帰路の途中、雨が降り始める中進む前田軍。
川にさしかかると、その対岸には加賀国に向かったはずの上杉軍が潜伏していた。
ここで、漸く前田夫妻はけんしんさまが血を流さずして前田軍を降伏させようとしていたことに気づく。

そうはいっても、利は豊臣から上杉討伐の大役を受けてるから上杉軍は打破しなくてはならない。
結局、前田軍と上杉軍は戦ってしまうというけんしんさまのありがたーい義理も無碍になってしまった。

で、ムテキング直江。笑 
ムシキングじゃないよ、そっちは小早川の方だよ!!ムテキングだよ、タツノコのほう。
ものっそい「愛」の前立てを主張してたよね。
あとなおえかねつ「ぐゥ」 …この「ぐゥ」が。いいですねえ…笑った。
…直江のスーパー無敵タイムはマリオがスターをとったときより持続時間が短いよね。
気持ちいいくらいに吹っ飛ばされてて爆笑しました。だから地震がおこったのか。
あ、そいや直江って1期でもこっそり出てたよね、12話で。
それにしても、アニメでも1年かけて名をあげちゃったなあ…このお方、愛されてますなあ (´ー`)
「愛」だけにな!!
って、ここすごい笑っていいところなのに、
利がなかなか見せる機会のないものっそいシリアスになってて、笑ってすみませんでした。と思いました。
そして太郎丸を飛ばして応戦するまつねえちゃんもおっとこまえ~!!

さらに、KGがやっと追いついた。KGは遅刻キャラなのかなー。笑
家族といえどもKGは前田夫妻に加勢にきたのではない。

ノ)シ`・A・)キリッ < 前田の勝ちは豊臣の勝ちだ、俺はそれを黙って見過ごすことはできねえんだ!!

けんしんさまの最善策をもってしても、悲しいかな…家族同士の争いという痛ましい道は避けられない、
そんな展開となってしまった。
でここからは、KGと利の本気の戦い。利もKGもかっこよかった!!
二人とも長物使いだから最初は間合いが広くてあんま動かないなーって思ったけど、
ヒットしたときの吹っ飛びように迫力があったり、
だんだん接近戦になっていくのがおもろいなあと思いました。

二人は戦いながら押し問答を続ける。
利自身もKGが訴える「力の理不尽」をよくわかっている。
彼はフラッシュバックするほどに魔王のおっさんがもたらした数々の脅威を引きずってるし、
その配下にいたことに心底、慚愧の念を抱いてるのだなあと。
歯を食いしばって血を滲ませるほど。ただ、
利の理解する力の理不尽ってのは織田がしてきたことを指してるだけなのかな。
これ以上多くの人の血を流してはならない。争いをなくす為にする争いは必要。
皆が一丸となって大きくて強い国をつくる、その為には少しの犠牲は厭わない。
少しの犠牲という言葉は、個人的な補足だけども、利が今こうして戦っていることがそれに値するのかと。
「その為に某は戦っている」という台詞があったけど、アレかな。
利の観点だと、織田イズムは力による一方的な圧制、豊臣イズムは国を纏める為に必要な犠牲ってところか。
という見方をすれば彼が豊臣に下った理由は少し理解できるような気もする。
でも、かつて多くの人民の血を流した者に加担したことを自責してるのに…
「豊臣の天下がなればあのような~」という台詞があったけどやはり利の考えは矛盾してる。
彼は…なぜそこで変な勇気を出してしまったのか。ヘタレのままでよかったのに。
中立を保つことは潔しとしない、それは前田家頭首としてのプライドなのか。
利の豊臣につく決定打はなんだったのか、そこだけがぼやけたままなのは私の理解能力がないからだけなのかなあ。

少しの犠牲も数が増えれば大きなものに。強い国をつくるために自分は、豊臣はこれから何をしていくのか
…それが見えているのか、見えていないのか、っていったらやっぱ見えてないのかなあ。どうなんだろう。
そうはいっても、KGも利も争いのない世の中を目指してるには変わりないんだけどね。これは答えの出ない話ですよ、全く。

二人の力はほぼ五分五分といっていい、長い戦いの末、二人ともボロボロ。
利はなけなしの体力を振り絞って渾身の一撃KGを吹き飛ばす!!
あーーー、KG!!!!!!!
その時KGの脳裏に過るのは楽しかったあんなことやこんなことといった走馬灯ではなく逆光に映る女性。
あーーーれーーーーがーーーーねねか!!!!ねねなのか!!!!!
そして続けて若かりし頃の秀吉がねねを殺めた(んだよね、アレ)光景…。
この過去の経緯ほんとわからないなあ…。
そしてこの過去を知ってるのはKGだけなんだよね、利は知らないんだよね。
アニメで明らかになるんでしょうか、ゲームでも語られてない部分だけど…。
追憶から目を醒ますように「秀吉!!」
そう声を叫ぶとKGは地に足をつけ踏ん張り、今一度、利に立ち向う。
力を振り絞った利はもう歩くのがやっと。それでも槍を置かない。彼が豊臣を担いだ意志は固いのだ。
間もなく利はKGに打ち上げられ、決着がつく。そして、仇を討とうと薙刀を構えるまつねえちゃんは悲壮とした姿。
あーーー、もうみてられんわ。
そしてここに石川さんの「涙腺」が流れちゃってるもんだからあーあーきた石川節。切なさに拍車がかかる。
ここで、けんしんさまが仲裁に入り、は戦わずして終わる。
この顛末に利は…どうなるんだろ…。なんか、利って…貧乏くじ引いちゃうタイプだなあ。

というキリのいいところで一旦、感想アプしときます。
豊臣は豊臣でいいと思いますよ、強い国をつくる、それを突き通してくれれば。
KGはKGでいいと思いますよ争わずして平和な世の中を作りたい、そんな起きたまま寝言みたいなこといってれば。
ただ、利の主張について、どーしても、「ああ、それじゃ仕方ないな」と、思えるところがみつからなくて。
利もまつも好きです、好きだからこそ…こんな消化不良なままってのがなあ…なんとも。

いろいろ考えすぎてしまった。なんか、こう一筋縄じゃいかないよね、BASARA弐は。

TVアニメ戦国BASARA弐#2感想ネタバレ

「切り裂かれた」じゃなくて「斬り裂かれた」じゃないですかっもうッ!!!!!!
今日の放送分のタイトルを見てやっと気づいたわ…。どんだけ、筆頭の服を…なんでもないです。

さて、爺さんとお鈴ちゃん(←という名前らしい)を人質にとり、こじゅを口説くはんべ。

甲斐の虎の戦法を模倣し武田軍を出し抜いたこと
織田軍打倒のために集まった東軍の大軍勢を束ねたこと
光秀をフルボッコにしたこと
筆頭が魔王のおっさんと戦う為のお膳立てをしたこと

m9ζ・X・ζ < 君のことは聞いていたよ、片倉クン!!

はんべの恐るべき情報収集力。こじゅのこれまでの活躍が全部はんべの耳に筒抜け。
私自身、きつつきの戦法のくだりは忘れてたのでアーッ!!と思ってしまいました。
あと、織田軍の崩壊については伝聞になっているようだから、
アニメでも織田と豊臣の主従は皆無ってことで確定かな?ゲームでもないよね、主従。
ってことは

信長「ワシの草履を尻に敷きおったか、このサルめ!!」ビシイッ(平手打ち)
サル(のちの秀吉)「信長様、このサルは信長様の草履を懐で温めておりました…」(左手で頬を押さえながらホカホカの草履を差し出す)
信長「おお…サルよ…」(目頭が熱くなる信長、しかしその表情をサルに悟られまいと必死)

という日本三大主従美談のひとつを完全にスルーしてるんだぜ。さすがはBASARAだ!!
と実にどうでもいいこの三文芝居。

それに加え、先般の川中島での布陣ははんべの自信作。
これを打開されたことは意外にも、はんべにとってはかつてないほどの痛手でになっていたという。

その素晴しい才能を落ちゆく伊達軍の下ではなく、豊臣軍で生かしてみないかい?
君はきっと素晴しい軍師になるよ、噛み砕くとこんな感じなんだけど、
この口説き方が実に上手くない。はんべは正当な評価というが、
どう考えても、筆頭を愚弄する言い方でしかない。はんべは筆頭のこと嫌いなんだろうなー。
案の定その言葉はこじゅの怒りの火に油を注ぐ結果となる。
こじゅは静かに鞘から黒龍を抜き、身構えると、ドスの利いた声で叫ぶ。

(#゚Д゚、)o| < 今生…政宗様以外にお仕えするつもりはねえ!!
キラーン+  
黒龍の銘が…黒龍の銘が…「梵天成天翔独眼竜」になってる!!!!
ってこれもう先週の放送終わったあとでかなり騒がれてましたが、
改めてみると…そんな頃から…こじゅってヤツはァよお…、と思います。
でも、「我成独眼竜右目唯生涯」でしたっけ、あっちの方がまずい。
前者は筆頭の将来の武運を願うような意味の銘だけども、
後者は…日5の時間帯には大人向け(ん?)すぎだから自粛したんですかねえ。
どっちの銘でもいいんですが…見せつけやがって。あああ、もう黒龍恥ずかしいッ。
なんて恥ずかしい武器なの、顔を両手で隠しつつ指の隙間からそっと覗きたい、そんな恥ずかしさです///

はんべはこじゅと戦うつもりはなく純粋のこじゅをスカウトしてるだけ。
けれども、数々の美辞麗句に、当然こじゅは靡くわけでもない。
思惑どおりの返答をするこじゅに「それほどにキミを欲してるだけなんだけどな」と不敵に微笑む。
ここのはんべ、やばかったね。すっごい色っぽかったね。はんべ…やばいな、はんべ。何アレ…。
なんとなくだが、BASARA弐ではんべってポスト濃姫ってかんじがする。
顔立ちも似てるような気がするんだけど、どちらも妖艶だってことで。
すごいなー筆頭とはベクトルの違うお色気だよ。

そして、囚われの人質の首下に刃が当てられ、危険に晒されてしまう。
で、気になったんですが、お鈴ちゃんを捕らえてたモブなんですが。刀握ってる小指が立ってました。笑
余裕だな、豊臣!!

結局のところ相容れることのないこじゅとはんべは戦うこととなります。
襲い掛かるモブの間を滑るように地を駆け、斬りつけるこじゅがもうめっちゃくちゃかっこいいいいい!!!!
そして鋭く閃く眼光。ああんもう、こじゅずるい!!
そしてお鈴ちゃん放り投げられたー!!→こじゅ助ねえし。
爺さん危ない!!→寸でのところで背負って助ける。

…ということは、だ、こじゅと筆頭の甘い(…)日常生活を吐いたのはお鈴ちゃんの方か!!!
なんつって。たまたまですよね。でも、ここ笑うところじゃないのに…なんか笑ってしまった。
人質を無事回収し、一安心。だがそこにはんべの関節剣が本気モードで攻めてくる。
蛇のようにうねる関節剣は、こじゅがモブを振り払う度に邪魔をする。
しかも、こじゅはお鈴ちゃんと爺さんを傷つけないように庇ってるから、更に分が悪い。
関節剣は注意が逸れたこじゅの黒龍を捉え…ゴン!バキッ!バキッ!ドゴ!ドガ!!(字幕より引用) 暗転。
豊臣には下らないと伊達の流儀(筆頭への忠義と民を守る義侠)を突き通したこじゅ。
けれどもその流儀が己の身を危険に晒すことになってしまった…。
それにしても字幕ウケる。効果音とか ジャラジャラジャラ~だって、はんべの関節剣。ブブブ

場面変わって伊達屋敷。「筆頭ー!!筆頭ー」と声を荒げて駆けつける佐馬助と良直。
障子をガッと開けて出てくる筆頭。これは夜着を期待…と思ったんですがそれはありませんでした。
スパイ野郎が見つかったかと思いきや、南部、津軽、相馬の三氏が奇襲をしかけてきやがりましたのお知らせ。
どうやらこの三氏は一度は筆頭によって平定されていたようですが、こっそり豊臣の旗の下に集っていたようです。
豊臣の件があって、ただでさえめんどくさいのに、更に余計な勢力が絡んできてめんどくさい。
すると、こじゅに奇襲の知らせをしにいったハズの文七郎と孫兵衛が「筆頭ー!!筆頭ー!!」と駆けつけきた。

孫「片倉様がやられたって!!」
Σ(●ω°) 「!!」

佐・良「エー!!!??」

ここも笑うところじゃないんですけど、佐馬助と良直が驚くまでの間が神がかりで噴いた。
そして文七郎は畑に落ちてた黒龍を筆頭に渡す。それにしても、文七郎の悔しくて辛そうな顔。
彼は4人のうちで一番こじゅを慕ってると思う。あーあ、四人組かわいいなあ…。
そして、ペタペタと裸足のまま縁側を降りて黒龍を受け取る筆頭は眉間に皺を寄せる。
クールに決めても、裸足で庭を歩いてしまうほど筆頭は気が気でない状態なのです…ね。
こじゅをさらったのがはんべとわかり、そして、その卑怯なやり方に筆頭は激昂する。
豊臣のいる大阪に斥候を出しつつ、奥州を統べ直さなくてはならない、その上こじゅも失っている。
この二重にも三重にも不利ともいうべき状況の中、筆頭は怒り任せの陣触れを言い渡してしまう。
筆頭が「陣触れ」という言葉を使うとは思わなかったのでびっくりした。
いつもそこレッツパーリーっていってるよね?でも、これはこれですごくかっこよかった!!
そしてこのあとのアオリのアングルも含めてたまらん(゚η゚)

Bパートの冒頭でナレーションが入って、なんか今日のBASARA弐は大河ドラマみたいだなーと思った。
筆頭が奥州を統べる作戦は三方から攻め入った南部、津軽、相馬の各軍に
自軍の戦力を均等に分割し応戦するもの。
これは…ちょっと単純じゃないか?と思ってしまった。だって後ろをとられたら…ねえ。
続けて、戦況は伊達軍が有利にみえたってっていってたけど、伊達軍の人数や戦力が優れてていたというよりも、
筆頭が一人でがんばりすぎだったんだと思います。
でも、その姿は、これまでになく焦燥感に満ちたもので、
数々の猛者と刃を交えた時でも汗ひとつかかずに余裕綽々だったはずなのに、なんだかすごい必死。
こじゅがいないからなんだろうか。
がむしゃらに戦う筆頭の姿がお労しくて泣けてくる。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

そして、自軍の戦力を均等に分割したことが仇となり、蘆名を従えたはんべが摺上原まで攻めてきよった。
伊達軍には既に配分する戦力が残っていないわけだから、筆頭自ら先陣をきる以外に術はない。

摺上原で待ち構えたはんべと筆頭はいよいよ対峙する。
「追いかける手間が省けたぜ」なんて実はちょっとやばいけど減らず口を叩くのが筆頭流。
けど、はんべに筆頭の采配の温さ、そして安易に陽動に乗ってしまったという痛いところを突付かれててズコー。

「片倉クンなら、南部、津軽、相馬に最低限の戦力を配分して拮抗するか
ギリギリまで引きつけて策を講じるたはずだろう。」

と、片倉クンなしではキミは何もできないんだな…といわんばかりに。
なるほどねえ…、こじゅなら、持久戦と駆け引きってところか。
頭に血が上ると湯沸かし器みたいにピーッ-3っとなって突っ走るところがある若い筆頭には…まずやらなそうだね。
だからこじゅにいつも怒られる。だが、そこがまた彼の良さでもあり弱点でもあり。若さは諸刃だなあ。

その皮肉交じりの言葉は筆頭にとってはこの上ない屈辱で、ますます冷静さを失わせる。
天高く振り上げた関節剣を静かに下し、蘆名兵に出撃の指示をするはんべ。
ここからは筆頭とはんべの一騎打ち。筆頭は宙から飛びかかり、はんべは関節剣を本気モードにして迎撃する。
すっげえなあって思ったのは筆頭の腕力。
景秀に絡みついた関節剣をはんべごと引っ張りあげるんだから!!
こじゅでさえやれなかったのに…。筆頭、おっとこまえー!!
しかしながらはんべは関節剣を巻き戻して華麗に着地(・o・)ポカーン
どんだけ関節剣はフリーダムなんだよ!!!!!
筆頭の攻撃にはんべはモブを盾にして交わしつつ、あああああ、筆頭の後ろをとってしまった…。
続けざまに片倉クンが守ってる背中を…斬りつける!!!!!

ビリビリっとなんてもんじゃなかった。

ズシャアアアアアアアッ

おおおお、なんだかすごいイイ音がしたぞ、おいい!!!!フンガ(*゚∀゚)=3
とうとう筆頭の背中(R指定)が露わに!!!!!!と身を乗り出したら、まあ夢見すぎでした。
露わになるわけないよね、当たり前だ。

っと、はんべの刃は筆頭の陣羽織を一文字に切り裂いてしまった!!!!!
甲冑を貫通するほどの大事には至らなかったけど、
伊達軍のあの4人組の驚愕した表情を見てると、筆頭の背中って…ホンット、こじゅ以外は不可侵領域なんですね。
そして、傷一つ負ったことない美しい背中なんでしょうね…ゴクリ もう、いい加減にします。

それにしても、はんべはつくづく筆頭のことが嫌いなんだな、と思った。
いちいち、こじゅのことを引き合いに出し、筆頭を苛立たせる。
彼のプライドを傷つけることを楽しむが如く。

片倉クンがいなければ、その背中さえも容易く裂けてしまう。

しかしながら、この言葉が筆頭の逆鱗に触れてしまった。
常に自分の背中を預けられる存在が今ここにいない、またそれが当然であることなのに、当然でない。
本来こうあるべきだ、という状態ってあると思うんだけど、それが崩されてしまったことに対する憤りってなんていえばいいんだろう。
ボキャブラリィがないからいい言葉が思い浮かばないのだが。
ここから、堰を切ったように筆頭は怒涛のラッシュで攻める攻める。これでもか、というくらいに!!
筆頭の計り知れぬ力に、このまま戦い続けては自分の身が危うくなることを察知したはんべは一旦撤収する。
けれども、蘆名兵はそのまま残され、既に三氏の軍との戦いですっかり疲弊しきっていた伊達軍は太刀打することもできず、摺上原を突破されてしまう。

「右目を失った途端このザマだ…」
筆頭は自分の不甲斐なさを自嘲する。今の筆頭は帽子を失くした次元と同じ、といえばいいのかな。
でも、ホントにこじゅの存在が認識できなくなると筆頭は…
申し訳ないけど彼のまだまだ武人としての至らぬ部分が露呈してしまうな。
こじゅがいるからこそ非の打ち所のないクールな独眼竜でいられるけど、
いない今は闇雲に突っ走る、歳相応の青年といいますか…なんか筆頭も人の子なんだなあと思いました。
…意外な一面をみたといいますか、筆頭にとってのこじゅの存在はどれだけのものか、
こじゅがいるからこそ奥州筆頭でいられるっていいますか…。
やっばいなあ、こじゅ。こじゅは筆頭に恐ろしい呪いをかけてしまったと思う。
無論、筆頭は筆頭でこじゅに呪いをかけてるし。まじで伊達主従がお互いに盲目すぎて恥ずかしい。
お館様とユッキじゃないけど、奥州双竜もまた一蓮托生だと思いますわ。

けれども、筆頭はここで打ちひしがれるわけにはいかない。彼には奥州という背負うものがある。
右目の喪失と自分へのやり場のないもどかしさを目の前の敵にぶつけ自分を奮い立たせる。
今はそれしかない、兜を弾かれても。

(●ω・´) < Come on!! It's no over yet!!!

おおおおおおお!!!!コレくるとは思わなんだー。かっこいいいいいーーーー!!!!!
まだまだおわっちゃいないんだぜ。
ぼっちでも逆境に立たされても、雷光を身に纏って全力でかっこつける筆頭はそれでこそ!!笑
そして、蘆名の残党を粉砕しながら、敵の手に渡ってしまったヒロインを求めて荒野を駆けてゆくのであった…。続く!!
ヒロインってのは、そうだね、こじゅのことだね(゚∀゚)
実際は夜半すぎてもその場で蘆名と戦ってたみたいですね、佐助の報告によれば。
どーやってこじゅを取り返すんだろう…。このままじゃ筆頭がふにゃふにゃになっちゃうよおおお。

さて、一方そのころのはんべは大阪に戻り、伊達の頭脳を連れてきたことを秀吉に告げる。
こじゅを失った伊達軍は均衡を大きく崩すであろう、
またこれから一段と大きくなってゆく豊臣には聡明な軍師は数多くいた方が良いと。
秀吉にとっては敏腕のはんべがいれば、それで充分だったみたいだけど。
そして、はんべは、これから毛利との同盟の交渉の総仕上げ。
勿論、その結託は固いであろうかと。次に攻めるのは四国、そして目指すは九州へ。
次々に彼の策略が明らかになってゆく。
少し休んではどうか、と秀吉にいわれるものの、はんべは急いている。
その理由は至ってシンプルなもので、秀吉が平定した日ノ本を一日も早く見たいという願いを叶えたい。
まだアニメではまだ描写されてないけど…はんべは病に侵された自分の余命を知っているんだろうね。
なんか、それはそれで切ないなあ…。
あと、秀吉が画面に収まるくらいの大きさになってた。

で、和みパートについては、前田家を去ったKGはやっぱりけんしん様のとこで居候。
かすがちゃんって、凄腕くの一だけど、家事はてんでダメだったらかわいいなって思ってたが
そんなことなくて驚いた。忍者たるものなんでもできて当然。
けんしんさま、KG、かすがちゃんの三人で囲む穏やかな朝餉は微笑ましかった。
瓜の漬物をポリポリたべてる夢吉がかわいいなあvv
それ以上にご飯粒を頬につけてけんしんさまにとってもらうかすがちゃんはもうかわいくてかわいくて。
お約束のヘブン状態も見られてホントよかったー。アレやっぱ小学生とかマネすんのかな。
かすがヘブンは彼女の妄想の中だけで処理されてるのかと思ったけど、実際にやってるんだね。笑

ノ)シ´・A・)ポカーン < なあんでだろうなあ~
ζ゜⊿゜*) 、 < い、いや…そう改まって尋ねられると

KGの疑問はかすがちゃんのヘブン状態じゃなくて、
戦が嫌いなのに秀吉の下で戦う道を選択してしまった利とまつ姉ちゃんのことを憂うことだったんだけど。
このやりとりのところで勘違いして恥ずかしがるかすがちゃんがもうもうほーんとかわいいいいいいっ><
平穏なひと時も束の間で、なんと前田軍が上杉を目指して向かっているとのお知らせ。
だから、なんで利は豊臣に下ったんだろう…。しかもその決意は相当固いとのことだが、解せないなあ。
次回のお話ではKGと利が戦うことになるみたいだから…この時に利の真意がわかればいいなあと思います。
あと、ええ!?と思ったのは織田による九州制圧ははんべの掌の上だったってこと?んなアホな。
織田は結果として、筆頭とユッキたちによって滅せられたけど、そうなることもすべてお見通しだったってこと?
とりあえず、諸国の武将は織田にテケトーにやっつけさせといて、後から豊臣(゚∀゚)ウマーみたいな。
ああ、どのへんがはんべの策略だったのかあんまよくわかんないのですが、はんべは…どんだけ千里眼…。

ユッキについては、ホントに九州に放り出されることになってしまった!!
武田家は佐助よりくだんの摺上原で出来事を耳にいれ、筆頭の危機を知るが、それはそれ。
蘆名に滅ぼされるのも、生き残って再び遭い見えるのもどちらに転ぶかはそれは神のみぞ知る。
ユッキは筆頭を憂うことなく、お館様からの命を全うする決断をする。

Ψo(・∀・´)oΨ < 一度は貴殿に敗れたこの身なれば。今は案じますまい

武田騎馬隊を引き連れいざ九州へってエーッ!!冷たいなあ武田家一同。笑
いや、話の道理としては正しいけどさ、そうはいっても、かつての戦友に塩は送らないのかあ。
なんかBASARA弐はいまんとこ全然、蒼紅じゃないね。
あと、佐助はついていかないのかなあ…。佐助は、ユッキの代わりにお館の側にいるのかな。
でも、ユッキが危うくなったらひょこっと現れて助けてくれるんだと信じてる。

そんなで摺上原の戦いが想像以上に切迫したものとなって、ドキドキがとまらんです。
筆頭がえっちでいくないです、わーわー!!と騒ぐのはいつものことですが、
今回はそれ以上にバトルシーンが秀逸だった。やっぱ筆頭はかっこいいなあ!!!!!!
BASARAはドラゴンボールっぽくドカーンと吹き飛ばしてアーレーみたいなところが、
あり得なくて爆笑できるところなんだけど、今回はそれだけで済まさずに具に殺陣も描写されていて白熱してたなあ。
それから、はんべの奇襲のくだりでぼっちな筆頭のここはいかんだろ、なところを暴いたシナリオはよく練られていると思った。
でも、やっぱり思うのは、ちょっと話、詰め込みすぎだね…。頭からっぽで見てると話わかんなくなる。
いきなり、伊達さんとこの周辺の武将の名前出されても は?としか思わなかったもんなあ。
…初見だけじゃこのストーリーは理解するのは私にとっては難しかったけど。
あれ、この感想文…この段落でいいたいことすべてまとまってますね。
まただらだらと長くかいてしまった…厭になるよなあ…なんでいつもこう…。


最後にひとつおかしいなって思ったんだけど、筆頭とこじゅって一緒に住んでないの?(地球からでてけ)

TVアニメ戦国BASARA弐#1感想ネタバレその2

場面変わって間に合わなかったズコーだったKGはそのまま前田家へ。
美味しそうなまつ姉ちゃんのお膳を挟んで利と会話。
なんか…お茶碗に盛られたごはんがまんが日本むかし話みたいだなあと思いました。盛りすぎ。

なんと利は織田に離反して、どちらかといえば上杉、武田側についたはずなのに
いつの間にか豊臣の配下になっていた…という。
理由は…魔王のおっさんによって国力が弱くなってしまった日ノ本を秀吉が再び強くしようとしている。
国同士が争い合うのではなく皆がひとつになってがんばろうというその考えに共感したからだ。と。
利は織田の下にいたことに自責している。
というのはわかるが、豊臣のやり方がどうであれ、中立を保つのを潔しとはしなかった。
そして、KGに力を貸してほしいと告げる。

はて…なぜそうなる…。正直、織田とあんま変わらないと思うんだけどな。(話の道理としても、利の考えとしても)
秀吉が愛する人を失ってどうの…のくだりですが、私の理解力が乏しいせいか、
「愛する人」ってのは誰のことになるの?という結果に至った。
あれ…ねねのことになるのかな…でも秀吉、KG、ねねの3人の関係ってゲーム本編でもあんま語られてないし。
私自身は豊臣について、史実の方も明るくないのです…邪推もできやしないから消化不良。
それとも、そんな描写は皆無でしたが織田と豊臣が史実どおりに主従関係になっていて、
秀吉の愛する人が魔王のおっさんになるのか…。(BL的な意味ではなくだよ、しかも二人ともBじゃないしね)
単純に、「愛する人」ってのは広義で日ノ下の人民を指す?
「秀吉殿はまつを失った某だ!!」といわれてもピンとこなくて…。
また愛する人を失っても挫けることなく毅然とした態度で、
国力を強くすることを第一に考えているというところは美談だが、
実際は織田のように力で軍門に下そうとしてしまっていることは矛盾してんじゃねえの?って思ったり。

ひとつわかったことはまた利、まつ姉ちゃんと決裂してしまうことになったKG。
さすがにまつ姉ちゃんの美味しそうなご飯を喉に通す気分にもなれず、KGは前田家を去ることになってしまった。
話が進めばこの疑問は解けるかなあ…。
BASARAは頭空っぽで楽しめるのがいいとこなんだけどなんだかモヤモヤしてしまったなあ。

このモヤモヤを払拭するのがお館様とユッキの殴り愛!!!!!
この殴り愛に至るには
…佐助からの報告で豊臣はこっそり潜伏侵略をしていて、宇都宮、小田原をこっそり落としていたという…。
なんだろう、このあとのせサクサク感。
で、それを聞きつけたユッキは

ε-Ψo(・∀・´)oΨ < 大阪を攻めるより他にございますま…(以下略)

ゴン

…ありゃ顎、割れるだろーいくらなんでも。笑 ってくらいに激しいアッパー。

うかつに宇都宮、小田原が豊臣の配下になってうかつに甲斐を留守にすれば思う壷。というお館様
「なればこそ油断してる豊臣を攻めればー」ってもう…ユッキは…殴られたいんですかね。
どう考えてもお館様に殴られるようなことしかしゃべってないような…。笑 あれはあれで才能。
それにしてもユッキ派手に回転して吹っ飛ばされてたねえ…。
佐助の情報によれば豊臣と毛利はお互いに兵力がほしいから同盟を結ぼうとしてるし。
ナリ様に至ってはそろそろアニキと決着つけてウマーみたいになりたいし。
ってことは話の上ではナリ様は敵側でアニキは味方になるのかなってかんじがしますねー。
にしてもアニキんとこ…超時空要塞みたいになってんだけど…。
あの様子だと、四国全土がマクロスなんだよ、絶対。これなら秀吉に太刀打できそうだね!!
とひととおり、佐助の話をきいて、お館様に大阪攻めをを薦めて逸るなと叱られたにもかかわらず、
毛利を落とせば、日の本の勢力の半分が手に入る!!とユッキ。
で例によって…やっぱり放り投げられたいのですね…今度はジャイアントスイングで。
お空の遠くまで飛んでったハズなのにカメラワークが地上に降りた途端、
普通に走って戻ってきてたのには今日一番爆笑した。
それにしても、なんで包帯巻いてたんだろう。あれ?包帯巻いてたんだっけ?錯覚だったのかなアレ。
むしろ包帯の使い方を間違ってる?

殴られて、放り投げられて、やっとお館様の考えを理解し、話をきくようになったユッキ。
さて、そのお館様の考えは瀬戸内より西に豊臣に染まっていない九州薩摩に第三勢力がある。
その第三勢力と結託して武田・上杉を包囲した豊臣を更に外から挟み込もうという作戦である。
そしてその遣いとして、ユッキに九州へ行けと命ずる。
…ちょっとまて薩摩の勢力って誰かいたっけ…。
噂では一期でお亡くなりになったキャラクターはBASARA弐で登場しないと聞いてるんですが…。
まさか鬼島津にザオリクがかかった…?
それともポルンガにお願いしといた「一期でお亡くなりになった生き返りますように(但し悪者は除く)」が届いたのか…?
で、さっき公式のキャラクター見てきたんですが…まさかの宮本武蔵?
って思ったけどそれはなさそうだなー。
なんとなく、ユッキが九州入りする時にしゃしゃり出てきてみたいな展開になりそう。
ギャグっぽいのを期待しちゃうんだ、ココは。

ラストは筆頭のターン。
伊達軍は奥州まで引き返し、武田が知り得たのと同様に、
こじゅから宇都宮、小田原が陥落したことを耳にする筆頭。
で… ああ、 はああ もう…ホントにけしからんです筆頭。何あの格好
まさかの第1話から普段着(?)の着物で惜しげもなく
鎖骨や手首や足首をほっぽり出すとは一体どういうつもりなんだと…(゚η゚)
そしてこじゅの話を聞きいてる時の気だるそうなあの頬杖をついたポーズといい…。

こじゅの考えていることはお館様と同じで豊臣が今回宇都宮、小田原を覆すきっかけとなった伏兵が
奥州周辺にもいるかもしれない。
筆頭の大阪へ今にでも攻め入りたい気持ちは察すれど、今はその時期ではない。
奥州を留守にするのは非常に危険であると。
しかも、既に身内に潜伏しているかもしれない…それを明日にでも炙り出すとな…。
うへー、それは思い切りすぎだろ、こじゅ。
そして、仕方ねえなあと呟きながら屋敷内に整列して座した伊達軍兵士をにらみつけるように眺める。

…実はこれは脅しだったみたいで、震え上がって夜陰に屋敷から逃げ出すものが出るかもしれない
というのをを見越しての芝居だったみたい。
筆頭もそれを察して芝居に乗ったんだなあ…と思うと
二人の間にある暗黙の了解にまた恥ずかしい気持ちになりました。勘弁してくれ。
こじゅは伊達屋敷が見下ろせる場所から、伏兵が逃げだすのを見張りますが、
彼の思い過ごしかそれとも…肝が据わっているか、いずれの場合でも屋敷から逃げ出す者は一人もいませんでした。
ひとまず、安心し、伊達屋敷に背を向けるとそこにはこじゅの…こじゅの…大切な野菜畑が…!!!!
そして、そこで育った野菜の葉を愛しそうになでるこじゅの表情といったら…
あ、ああああ…そういう顔はいくない、ホントいくない…あれは…フンガ(*゚∀゚)=3
そんな、野菜(と恐らく筆頭にも… ´`*)に向ける恥ずかしい表情をはんべにうっかり見られるという…

ζ・X・ζ < 随分と優しい顔をするんだねえ
Σ(゚Д゚、;) はうあッ

「竜の右眼が国元を離れ夜な夜なここへ訪れる秘密はまるっとお見通しだよ!!」と。
松永ばりに双竜を見物するのが楽しみなのかと思ったら…はんべの後ろには囚われた爺さんと娘さんが…。
この囚われた二人のどっちがこじゅの秘密をしゃべったのか非常に気になるところですが、
先般での川中島の戦いで見事に豊臣の包囲網をくぐりぬけた功績を讃え、
こじゅの軍師としての才能高く買ったはんべはこの二人の命と引き換えに豊臣軍への勧誘。
はんべがこじゅをスカウトする話ってすごく好きです。
このエピソードははBASARA弐で絶対あるだろうなって思っていましたが、いきなりだったのでびっくりしました。

はんべの人質をとるという卑劣なやり方に当然ながらこじゅは(#゚Д゚、) プンスコ!
でも、その怒りの裏にはあの優しい表情を見られてしまって恥ずかしかったり、
筆頭との日課で余計なこと(ん?)をしゃべってやしないかとか
そんなのが混ざったりしてたらどうしようとか…そんなわけねーだろ。フガフガ

ラストの月光に照らされ、してやったり、と微笑むはんべの美しさはやっぱ人気でそうですねー。
世界で一番女王様みたいな…ドキドキしました。
さて来週は…のタイトルがなんだかおかしい…
「失われた右眼切り裂かれた竜の背中」
失われた右眼…これはこじゅの身にはんべの毒牙がかかる感はわかるのですが
切り裂かれた竜の背中…この文字列は…どう考えてもおかしいと思います(゚η゚)
まさか、筆頭の…服が甲冑が…クイーンズブレイドばりにゲフンゲフン…余計なこと考えないでクソして寝ます。

真面目に感想かいてたのにああああ、もうだめだー。なんでこうなっちゃうんだろう…すごい反省してます。

TVアニメ戦国BASARA弐#1感想ネタバレその1

足軽通信の配信のタイミングが神すぎてびっくりした…。
放送終了後に届いた本文に「最終回で止まった時間が再び動き出す」とあり、
なんかDIOみたいなこといっててうまいなあ…と思いました。

そんなザ・ワールドを彷彿させる戦国BASARA弐ですが、さすが第1話とあって作画がすごい綺麗でした^^
毎週こんなだったらどうしよう…いやこんなだろう、絶対。

…これは一期の時と手法は同じなのかなあと思いました。
とりあえず主要なキャラクターは全部登場させて活躍させておけ、みたいな。

話の内容ですが、前半は魔王のおっさんを倒したあと、束の間の平和が訪れたようにみえる日ノ本。
そして、上杉軍と武田軍のいわば年中行事ともいうべきか、
または、暖簾を捲ってお!?大将やってる?みたいな「川中島の戦い」
んで、それに合わせてユッキと筆頭も一期の第1話ぶりの蒼紅対決。

この年中行事に割り込んで両方倒して天下獲るぜみたいな筆頭なのかなーと思ったら、
単純にユッキに出会ったから戦うことになったってことなんでしょうか。エー
ユッキとしては、お館様とけんしん様の決着がついてから改めて、刃を交えたいとのことですが。

(●ω・´) < 顔を合わせたらやりあうときだ!!

んなむちゃくちゃな。まあ、BASARAだからむちゃくちゃでいいと思います。
この台詞、蒼紅好きなヲ姉さん大喜…なんでもないです。危ない危ない。

そんな筆頭のむちゃくちゃっぷりに「致し方ござらぬ」と行く手を阻むユッキですが、
PHANTOMDIVEをおもくそ喰らってアーレー
この戦いで二人の立ち位置が一期の第1話と逆になってるのはおもろいなあと思った。
二槍を六爪で受け止めるシーンもそう思い出させるものがあったし。

どうやらこの一撃は二人の戦いの行く末の決め手になったようで、
ずっと筆頭のターン。ユッキはやられっぱなしで既に満身創痍状態。
伊達軍のあのモブたちによれば真田の兄さんも腕を上げたようですが…ん?
筆頭がより強くなったってことですね^^
二人の戦いを傍らから見守るこじゅもその戦いに見切りをつけて
上杉軍と武田軍の合戦場に向けて、谷隼人隊長ばりに「乗り込めえ!!!」と伊達軍兵士に指揮。
馬を走らせるその途中でこじゅと
もう既に足腰立たなくなってるユッキにとどめを刺さんとばかりに三爪を振り上げる筆頭
の瞳に映ったのは五七桐の家紋を掲げた軍旗を携えた豊臣の大軍。
鳴り響く足音と共に崖の上に現れたのは

          ミ゚Λ゚ミ ζ・X・ζ
 /この戦場は僕たち豊臣軍が包囲した!!豊臣に下りたまえ!!\

気づいた頃はには時既に遅し…まあそういうことです。
天才軍師はんべお得意の「君達はすでに秀吉の掌の上さ!!」的な展開です。
まあ、実際、川中島は秀吉の掌の上に乗りそうなくらい秀吉は大きいですからね。
川中島周辺の全武将、全兵士が秀吉の姿が見えるほどに。

ここで、お館様、けんしんさまはお互いを見つめあい頷くと共闘モード。
豊臣軍VS武田・上杉連合軍。にしても…崖の上で構える秀吉へはかなりの距離があるのに…
なんで矢があんなに飛ぶんだろうね。しかも秀吉に全部弾かれる。
さて、ここは筆頭とユッキも共闘モードになるところ…ですが
ユッキは先ほど戦いのダメージでのびてて…佐助に看病されてる始末。もう、しっかりしてー!!


秀吉は「我に従え、従わぬものには容赦はせぬ」とそれに対して筆頭は「売られたケンカは買ってやる」と。
今回は魔王のおっさんに初めて出会った時のようにブルっちまったりせずにケンカする気満々な筆頭。
しかもこじゅには手出しはするな。と。
はんべは稀代の武将達が揃い踏みしてるので潰すには惜しいかな?と余裕そうに話しますが、
秀吉からすれば、ほしいのは兵力なので、刃向かうならそれはそれでやっつけちゃっていいのが豊臣流。
で、ここからは秀吉・はんべVS筆頭ですが、
手出しはするなといってもやっぱり追っかけてくるのがこじゅなのでやっぱりこじゅはそれでこそ。
筆頭の身が第一だから、筆頭が無茶な命令をしてもそこを振り切るところがすごく好き。。
相手は二人、加勢の許しを乞うこじゅにオーライと少し笑顔で答える筆頭をみてやっぱり恥ずかしい気持ちになった。
筆頭と秀吉のバトルについては、いつもの派手で無茶苦茶なパワー勝負なので特筆することはないのですが、
はんべとこじゅのバトルは意外性を感じた。
こじゅの振る刀をはんべがしっかりと関節剣で弾いているのは、はんべがんばってるな、と思った。
関節剣は飛び道具でぐにゃぐにゃなイメージがあるから、
こじゅとまともに刃を交えたら折れる気がするんだけども。

はんべは一瞬、こじゅから目を反らし、崖の下の武田・上杉軍に目をやると、退陣している姿が視界に入る。
こじゅは、あれは鳴神でいいのかな…刀地面に刺さなかったけど…
雷光は閃きはんべ、秀吉の目を眩ませ、筆頭にこの場を一旦退くようにいう。
秀吉と対峙した時にこじゅが佐助に伝令を頼んだのはなんだろう、と思ったのだが、
その内容は武田・上杉軍に「今の状況でこのまま豊臣と戦っても歩が悪いから隙をみてひとまず退陣しとけ」
ってことだったんですねえ。
もしかしたら、逸る筆頭を止めずそのまま戦って戴き、、
敢えて加勢するかたちで豊臣を陽動したということも考えられたりってそりゃないか。
ってんなわけねーだろ。こじゅはそんなことしない。
筆頭も今回ばかりは退陣する上杉・武田軍を見て少し悔しがりながらも大人しく撤収。

こじゅに一杯食わされたはんべ。
彼は豊臣軍にあとは追わなくていいと指示すると去っていく伊達軍、そしてこじゅの背中を見て
なかなかおもしろいことしてくれるねといわんばかりに不敵に微笑む。

で、冒頭からKGは

ノ)シ`・∀・;) < 間に合ってくれよ~~~っ!!

と馬を走らせ、何に間に合いたいんだろう、と思ったんですが、
到着したら川中島は既に空っぽでズコーみたいな。いや、ここ笑うところじゃないのですが…
横たわる兵士たちの亡骸をみて、この戦場に合わなかったことを悔やむKG。
KGは秀吉を止めたかったんですね…。

というところが前半。あんま感想長いのは好きじゃないんですが、初回放送なので後半は別記事で。


そしてOP見てて思わず身を乗り出したんですが…
秀吉は本気を出せば日本全土が掌に乗るほど大きくなれるみたいですね (´ー`)

あとユッキがマントみたいのつけてたけど…あれはなんだろう?佐助のまねっこ?

OPは映像も曲も今のところ一期の方が好きかな、私は。
やっぱり足軽ダンスはインパクトあったし、今回のOPテーマははBASARAっつーよりガソダムのにおいがする。

アニメ戦国BASARA#12感想ネタバレ

本来ならば今回で最終回なので (´・ω・`)なのですが、
アニメ戦国BASARA第二期2010年出陣!!
なのでへこむこともありません。やったね、明日はホームランだ!

で、のっけからお館様と謙信様の布団の柄勝負からスタート。
龍虎の二人は、健やかなときも病める時も張り合う気持ちを忘れていないわけですね。
それにしても、致命傷を負いながらも無事でなによりです。

筆頭のAreYouReadyGuys?(●∀・´) が久々に聞けてよかったです^^筆頭の八重歯かわゆす。
伊達軍は当然「イエーッ!!」ですが、っていうかあの松永に捕まった3人+1人は完全にレギュラー陣。
加勢に加わったほかの軍も「イエー!!」っでさりげなく直江兼続がいるところに笑った。
しかもちゃんと「愛」を掲げているところにスタッフ様のさりげない気合を感じた。
これは…次回作でプレイキャラとして昇格の予感…。
あと佐助が馬より速いのはどういうことなんでしょうか。武田漢祭りあなどれなし!
あと、今回OPの入り方が違いましたね。音が少しズレてたと思います。

先週、お市は濃姫に撃たれたかと思いきや、その逆。
市は「あーもうあたし死んじゃったわ」状態で気を失っている間に根の国の黒い手で濃姫の銃を奪い彼女を殺してしまったという…。
目を醒ましたお市はまあ、その酔っ払って記憶がなくなってとりあえずパンツを下ろしてもぞもぞして、
「何もなかった」じゃなくて「何かあった!」みたいなそんな状態。(うわあ)

小十郎と光秀の一騎打ち。
いやあ、今週も光秀は「最高にハイッッッッッッてやつですね」ってかんじでキマってたなあ。笑
で、戦意喪失した蘭丸は落ちてた刀を持ち、意識朦朧のまま炎上する本能寺の中へ。
光秀に加勢するのか?いや、ゲームの蘭丸だったら絶対そんなことしなそうなんですが、
アニメの蘭丸は生意気だけど、ちょっとよい子です。
しかーし、しかしだ、光秀は桜舞に蘭丸の服の襟をひっかけると小十郎に
「どうです?あなたに子供は殺せませんよね?」と…。え?小十郎は子供に優しいキャラ?
という隠し設定発覚かと思ったら。
んなことあるわけなかったです。そして、「は?」と光秀の素直すぎる反応。
いかにも小十郎らしいセリフで切り替えし、ああ、こりゃ極殺くるかな(*゚∀゚)=3
と仄かに期待をしたのですがんなことあるわけなかったです。
鳴神でふっとばし、桜舞が壁にぶっ刺さるとそこに光秀は首から吊るされあれ?なんだか嬉しそう。笑
どんだけこのお方は痛い目(肉体的に)合うのが好きなんでしょうか。
身を焼かれ灰になるまでこれでもかとアフンvアフンvのミッチーのワンマンショー。
こっちのミッチーのワンマンショーでも是非!
個人的には光秀に信長公を討って欲しかったんですが、実は生きていて、第二期で出てきてほしいなと思います。
ところで小十郎は極殺にもなっていないのに、前髪を整えたのはなぜでしょうか…。まいいや。

安土城に到着した筆頭と幸村、絶好調に刀を振るうわけですが、突然空より謎の爆撃。
筆頭は魔王のおっさんの新手の武器かと焦りますが、照準は安土城天守閣。
どうやらアニキの援護射撃だとわかり、アニキの「野郎共!」が聞けるかとおもったら…アレ?
アニキいないの? (´・ω・`)
しかし、魔王のおっさんバリアーで当たるものも当たらず。第六天魔王だからしかたないと思います。

それにしても、今回は作画がよかったです。それがすごく伝わったのは信長公とお市のやりとり。
信長公ってこんなにかっこよかったの?とゾクゾクさせる目力。それから、お市の散り際の涙の美しさ。浅井夫婦切ない、ホント切ない。
筆頭と幸村の到着も間に合わず、あーーーーーーーー、魔王のおっさん是非もなし!

怒りに震える筆頭は刀を構え、信長公に問答をする、
「アンタを叩き斬る前に訊きたい事がある!」
そうだよね、その背景のステンドグラスはなんだ!!!!とね。

と思ったらそこはcoolにスルーだぜ!?さすが筆頭。
いや、あのザビー城から持って帰ってきたんでしょうか?
そっからの魔王のおっさんは攻めますねええええええええええ。すっげえ苛烈。
城外に吹っ飛ばされた筆頭の首根っこをつかみ持ち上げる魔王のおっさん。
かすがちゃんがいないときは必然的に筆頭がお色気担当です。
いえ、彼女がいてもお色気担当に変わりはありませんが(爆)、喉を塞がれ悶え呻く筆頭がえっちだなあと思いました。
「残りの眼も抉り出してくれるわーーーーッ!!!!!!!」
ここ最高フンガ(*゚∀゚)=3 シビレタ!!!!!!!!兜まで脱げちゃって、魔王のおっさんの演出に感謝。

幸村が筆頭を助けようとするものの、魔王のおっさんの圧力に刃が立たず。
そこへ宇宙(そら)へ、ここはあえて宇宙とかいて「そら」といおう、
散ったはずの忠勝は機動戦士だもん!!!!!!!!
それにしても、これは嬉しい!そして家康公の忠勝への願いと思いが熱くてそして、切ないんだけど、完全に歴史が覆されていることを認めちゃってるあたり。(…)
魔王のおっさんと相討ち、それが忠勝の目的なのだが、爆発に巻き込まれて生き残ったのはやはり信長公…。
その傍らで幸村ったら筆頭の身体を抱えたり、鉢巻(あれ鉢巻?)を外し、
筆頭の手当てに使うとはなんというかボーイズラブなかんじでした…。そりゃないぜー。いいけど。

そしてやっと瀬戸内キターーーーーーーーーー!!!!!!!アニキーーーーーー!!!!!!ナリ様ーーーーーーー!!!!
二人が登場して思わず叫んでしまいました。このときをどれだけ待ち続けたか…!!!!!!!!
アニキの碇槍が水陸両用でかっこよかったです!水上を走ってるアニキが見たかったから嬉しかった^^
そしてナリ様の華麗なドーナツ裁き。こりゃあ、オリジナル編がますます楽しみだわあ。
あと犬千代様の情けない顔といったら…笑 まつに励まされたあとはキリっとしてかっこよかったけど。

蒼紅の共闘は熱かったです!ライバル同士が協力し合うっていいよねえ。
独眼竜と武田の若虎の刃に鍔競り合い、剣を折られAKIRAのOP的な閃光くと共に信長公は。
このへんの展開は巻き状態でちょっと惜しい。でも、勢いのある作画がかっこよかったーーー!!!!
突然にいろんな人物が登場するのもなんとなく後のせサクサク感。
でもやっぱり嬉しいや!

萌えよ(…)我が魂で来年のパーリィが楽しみでありますな。
あとラストのタイトルがバーンと出たところでロゴがあの家紋じゃないことに初めて気づいた!!
どおりでゲームと違和感がある、と思ったら、そうだったのか…

戦国BASARAはホントおもろいですね!いいタイミングでアニメにはまれてよかったです^^
毎週金曜日が心から楽しみな3ヶ月間でした。スタッフさまに敬礼(`・ω・´) ゞ

ところで、このブログ、コレを使うと奥州筆頭っぽいしゃべりになってかっこよくな…らないね。(うわあ)




…次のこの時間帯のアニメ…パチのあれやろ?ものすごく脱力。

アニメ戦国BASARA#11感想ネタバレ(主に佐かす)


anibasa11.png

作業しながらみてたのでそこにメモった。なんぞこれ。

とにかくかすがちゃんがいつになくドジッ子☆だった。かわゆす。

あの笛吹いたらどう考えても佐助が助けにくるって思うねえ。
でも助けに来ないってのが笑った。しかも音鳴らないし。笑

とはいえど、最新式の飛行忍具はちゃんと佐助のところまで届けてくれたってのがにくいなあと。

bsr5.png

「私はてっきりおまえが助けにきてくれるのかと!」
だったっけ、かすがちゃんの中では佐助は相当、鬱陶しい扱いなのに、仄かに期待してたってところがよかったなあ。
それに対して、佐助のリアリストな反応といったら大爆笑だったです。

この2人のやりとりはかわいいし、くっついてくれたらいいなーなんて思うけど、ずっと平行線なんだろうな。平行線っていうか磁石の同極みたいな。
あと佐助が安月給を嘆く理由はかすがちゃんに婚約指輪を買いたいからだと信じて疑わない。
とかいいつつ、かすがちゃんの謙信様への盲目な尽くしっぷりが大好きです。
戦国BASARA2の対はんべ戦のかすがちゃんは寒気がするくらい素敵だった。
んでsailingfree買いました。これはまさにかすがソングだと思います(`・ω・´)
これバーローズの対武田家戦で聴くよりもBASARA2の対はんべ戦でききたいわ。
にしてもこの曲、ギターが月海くせえなって思ったらいのらんだった。笑
いのらんの本名って井上らんまるなんだよ、って昔、友達に教わりそう信じてたのですが、
今思うと嘘だと思います。

かすがちゃん、大好きなので描いてみた。女の子のほうが描いてて楽しいです。
これバストアップだけど全身かきたそうかな。ってそんなかんじで中途半端にほったらかしのものがいっぱい。

今日仕入れたニュース
http://blog.excite.co.jp/exanime/10410518/

はあ?ってことは本編は瀬戸内なしってことですか(#゚Д゚) プンスコ!
まあその2期があると信じてます。魔王はやられちゃって→覇王がボスになるんだろ?ってことで。
それから筋肉だるまといつきが出てないってのもなんか腑に落ちないんだぜ…。

アニメ戦国BASARA#9感想ネタバレ

甲斐の虎、御勅使川に死すどころの騒ぎじゃなかったです。
死にすぎだ…なんじゃこりゃああああああ!!!!!!!!!!

島津どん…無敵なのにやられたー!!!ってかんじです。
いやもう、いきなり尻見せ!かいきなりやられた!のどっちかだと思います。
活躍楽しみにしてたのに、魔王のおっさんは容赦なかったです。
斬りつけて、瀕死の島津どんに銃で追い討ち…。
で、ザビー城なんてもういきなり陥落しちゃっててザビーなんて音声皆無ですよ。
ひどすぎるよ、魔王のおっさん。
まあ、その信長公がいかに残虐で、苛烈かってことがよーく思い知らされる演出だったと思います。
この勢いで瀬戸内まで…と思ったらそれはなかったのでひとまず安心しました…。

で、筆頭はすっかり具合もよくなったようですが、作画がよくなくなったようです (((´・ω・`)
小十郎との会話のシーンが微妙だったなあ…。
その三週つづけて奥州双竜の作画がなんかこう、ムラムラっとくるくらいよかったですからね。
今日、英雄外伝を買ってきたんですが、小十郎EDがこういう形で見られたのでまあよしかなと。
小十郎にはホロリと泣いてほしかったんですが、あまり見ることのできない笑顔だったのでこれもこれでよかったです^^

で、姫(幸村)は、真の宝とは何かを学習し、お館さまに熱い思いをぶつけ、
今週も2人は拳で語り合うかと思いきや…幸村の髪の毛をモシャモシャして、
褒めるお館さま。そして例によっての儀式。2人ともすっごいいい笑顔だっただけにこのあとの展開がすげー切ない。
佐助が途中で入り家康公の訃報を知らせる。

なんですと!?家康公が最期に「忠勝…」と名を呼んで涙をこぼすところに゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
そして、この時点で歴史は完全に覆された。笑
手にかけたのは光秀。織田軍は総大将は西へ、光秀は東へ…。と傍若無人な虐殺行為を繰り返すわけです。
濃姫と蘭丸は…北上し、まずは越後へ。謙信様危うし。
謙信様とかすがは穏やかな時を過ごしていたのだが、そして、
例によってのアレは今までで一番えっちでした。かすがの耳下で囁く謙信様の唇が…。
謙信様の性別はやっぱりうえすぎけんしんなのですね…。恐るべし軍神。
そんな2人の間に背後から割り込む、自称・武田の遣いの忍び。明らかに怪しいです。
っていうか、360度どっからみても魔王の嫁さんです。
にしても、アニメの濃姫はホントに魔王の嫁だなあって思います。
ゲームだと、多少の慈悲や躊躇いもあるんだけど、アニメはそれ無視でスパルタンで股間からガトリングガンです。
謙信様の居合いで彼女のガトリングガンは3枚にも4枚にも5枚にもあげくのはてには100人乗っても大丈夫なイナバ物置ですが、蘭丸に死角をつかれ、矢で脚を射抜かれてしまう。
そこへ濃姫、討ち取ったりと謙信様に銃弾を放ちかすがが身を呈して庇うが…謙信様は神速でかすがを後ろへ遣り、自らが盾となる。
かっこいい、かっこいいけど「謙信さまあああああああああああああっ!!!!!!」(かすがエクスタシーじゃないほうで)
私も、かすがと同じタイミングでテレビにむかって「いやああああ」と叫んでしまったのはホントの話。
軍神だ…ぞ…毘沙門天のご加護を受けてるんだぞ、謙信様は…。
こんな鉛の玉の3発(だったかな?)くらいじゃ死んだりなんかしないんだ、絶対。
と信じたいです、でも絶命っぽい描写がなかったから、最後の最後で薔薇とともに登場してくれることを願ってます。
それにしても謙信様の血飛沫は薔薇の花びらなんですね、さすが薔薇の妖精さん。
私の血はワインが流れているとかいってたどっかのお笑いマンガ道場の女優みたいですね。

場面戻って再び甲斐へ。んもーーーーーーーっ、佐助なにやってんの(#゚Д゚) プンスコ!
いやな予感が走るのが遅すぎだよっ。かすががピンチだってときに、もうーっ、イライラ。
外は雨なのに幸村はお館さまからもらった新しい槍をぶんぶんふりまわして嬉しそう。
風邪ひかないようにね。って風邪ひかなそうだね、この子は。
雨はだんだん大降りになり、お館さまが民と造り上げた竜王堤が決壊寸前なほどまでに釜無川、御勅使川が氾濫しはじめた。
その氾濫をとめようとお館さまは馬を走らせ、民を励まし、自ら大岩を持って、堰を塞ぐ。
お館さまならBASARA的展開で軍配斧一振りで氾濫を吹き飛ばしちゃいそうな感じもしたんですが、
意外にここは普通にドラマです。
大抵の氾濫には耐えられる竜王堤ですが、どうやら誰かによって、予め傷つけられ、決壊するように仕組まれていたようです。
その犯人は…ああ、やっぱりおまえか、光秀。
堰き止めることで必死のお館さまに光秀が襲い掛かると。はやく、誰か来て!来て!
というところに幸村は、資材を持って到着!
光秀に追い込まれるお館さまを眼にすると幸村は加勢をしようとするが、
お館さまは氾濫の甚大な被害を恐れ、幸村に堤の修復を命じる。
しかし、光秀はそれを許さない。桜舞をおもくそ振るうとドーーンと竜王堤決壊。ああああああ。
川はどと溢れ、お館さま驚愕とその隙に桜舞はお館さまの肩をざっくりと。
致命傷には至ってないようにみえたけど、お館さまはそのまま川に飲み込まれ…幸村はお館さまのあとを追って川へ飛び込む。
あのお館さまの巨体がいとも容易く流れてしまうほど、流水の勢いは計り知れない。

一足遅れて、筆頭、小十郎が到着するが、なんかもうすっかりキマっちゃってる光秀。
筆頭と小十郎は怒りにふるえ刀を抜きここで対決なんですが、多分、光秀に逃げられるんでしょうね。
ラストの筆頭がかっこよかったです^^ここで作画挽回。
小十郎には極殺になってほしかったけど、
あれは政宗様のために…!的なものがないと発動せんのかな (´・ω・`)
今のところ武田軍マターだもんね。
なんか来週放送分のタイトルがすげー不安です。
幸村はお館様を助けることができるのか…、伊達軍の解散って…何をどうやったらそんな展開に?

1クールだからってちょっと1話でこんだけ急展開にされると、
織田軍の酷さは重々伝わったんですが、やっぱり悲しいなあ。はやく来週こないかな。続きが気になってしかたないです。

アニメ戦国BASARA#8感想ネタバレ

小十郎かっこいいっ!!!!!!あの紫の霧は毒だったんか…。
しかも佐助は都合よく毒消しの煙を持ってるという…。さすがおかんは何でもアリだとおもった。
タイトルに絶体絶命なんてあったものだから小十郎やばいんじゃね…?
って思ったけどなんか結局小十郎の一人勝ちってくらい松永は卑怯キャラで、
彼自身はあんま何もしてないただのお宝コレクターでしかなかった。
ただ、家宝の筆頭の刀を投げちゃいかんだろ。笑 
いやかっこいいからいいんだけど。

爆風の中から佐助が幸村をお姫様だっこして助けるシーンを見て、は、破廉恥でござる!と思いました。
いやあの状況はお姫さまだっこせざるを得ないのかもしれないけど、
やっぱりお姫様だっこなのか、っていうかお姫様抱っこ?
松永が散り、爆破に巻き込まれ、残骸の中から伊達兵3名がヒーコラヒーコラバヒンバヒンで登場、
ここ笑うところだよ!ってところもやっぱりお姫様抱っこが気になって
小十郎、人質が助かってよかったねどころではありませんでした。

で、先週、キメッ(●ω・´)だったはずの筆頭は再びお布団の中へ。
アニメの筆頭はなんかもう3週続けてエロい人担当で、推定お色気担当のかすがちゃんの立場がないと思います。
ウエストが相当細くて美脚の筆頭ですが、意外に上半身は武人らしく二の腕の筋肉がしっかりついていたのでびっくり!

筆頭とお舘様の会話は次回のお話の伏線くさくて泣きそうになった。
お舘様、いなくなったりしないよね。ドキドキ

んで、ゲームは筆頭で極限でクリアしました。
ちょこっとやり応えあったけど…なんかやっぱり簡単だった。
多分、筆頭、KG、忠勝、濃姫、アニキあたりは安定してて使いやすいんだね。
佐助、かすがちゃん、謙信、ザビーあたりはリーチが短かったり、スキが多いのでちょっとクセがあっておもろい。
もうちっとやりこんで英雄外伝を買わなくてはならないです。
それにしても筆頭の「独眼竜は伊達じゃない」ってキメゼリフありますが、
かこいいんだけど、それ、あんたがいっちゃあかんだろ。と思います。
小十郎もアニメで「竜の右眼は伊達じゃねえ!!」(゚Д゚、) っていてたけど
自分の居場所をわざわざ否定してどうするんだろう、と少し心配になりました。
コレ言っていいのはνガンダムだけですよ?「伊達じゃない」ってのね。
いやかっこいいからいいんだけど。(全てコレで片付く)

あと、史実の方で豊臣に降伏したあとの逸話で、興味深いものがあったんで
なんかそのへんの本を読み漁りたいと思いました。すげー、まじでかっこよすぎ。
白州次郎みたいだなーと思った。
あと子供のときに見た大河ドラマの「独眼竜政宗」が本気で見たい。
あの作品、ぼんてんまるのときに天然痘にかかって右眼の包帯を外したあと、
庭の池の水に自分の顔を映すシーンがあってそれが私の中で相当トラウマだったんだけど、
今なら乗り越えられる気がするんだぜ…。

Home > 戦国BASARAアニメ感想

P-Clip

P-Clip β版
プロフィール

あわに

Author:あわに


深夜アニメの感想を好き勝手に綴るのが趣味の生まれながらの厄年(42歳)

タグクラウド

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。